クラウディアン、新ラウンドで総額24百万USドルの資金調達を実施

@Press / 2014年7月8日 14時0分

クラウディアン ホールディングス インク(本社:米国カリフォルニア州フォスターシティ、CEO マイケル・ツォー、略称:クラウディアン)は、総額24百万USドルの新ラウンドを実施し、株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:能見 公一、略称:INCJ)、Fidelity Growth Partners Japan(本社:東京都港区、代表:デービッド・ミルスタイン)、インテル コーポレーションがグローバルに展開する投資部門インテル キャピタル(本部:米国カリフォルニア州サンタクララ)が出資を決定しましたのでお知らせします。

クラウディアンは、日本、米国、中国の3拠点で事業展開するベンチャー企業であり、大量データを多数の汎用サーバーで分散処理する、経済的で、高性能、かつ信頼性高いクラウドオブジェクトストレージを構築運用するソフトウェア製品「Cloudian HyperStore(R)」を開発、販売しています。日本におけるニフティ、NTTコミュニケーションズ、NTT東日本をはじめ、国内外のパブリッククラウド、プライベートクラウド、エンタープライズITのストレージ基盤に採用されています。


Cloudian HyperStoreの主な特長は、以下のとおりです。

(1) クラウドストレージの事実上の標準APIを提供
Cloudian HyperStoreは、クラウドストレージの事実上の標準、Amazon S3 APIに準拠しており、数百種類はあるS3対応アプリケーション等を活用できます。

また、自動階層化(AWS Auto Tiering)機能を追加料不要の標準機能として備え、守秘性や性能を求めるデータは企業構内やプライベートクラウドに、経済性と拡張性を求めるデータはAmazon S3やGlacierのパブリッククラウドにと、目的や種類に応じて格納先を使い分ける「ハイブリッドクラウド」を実現できます。

(2) 一般企業から大規模クラウドまで幅広い活用範囲
Cloudian HyperStoreは、汎用サーバー2台から利用でき、汎用サーバーを追加してゆくことで、システム全体のストレージ容量を柔軟に拡張します。そのため、数テラバイトといった一般企業規模のデータ量から数十ペタバイトといった大規模クラウドサービスにまで幅広く活用できます。

拠点が離れたデータセンター間を含む複数の汎用サーバーにデータを分散複製することができ、ハードウェア障害の際にもデータ喪失を防ぎます。バックアップやデータセンター障害の際のDR(災害復旧)対策としても使える信頼性高いストレージ製品です。

@Press

トピックスRSS

ランキング