音声認識によるクラウド型文字起こしサービス「VoXT(ボクスト)」完全委託型、フルサービスの文字起こしサービスが新登場!

@Press / 2014年7月30日 15時0分

株式会社アドバンスト・メディア(本社:東京都豊島区、代表取締役会長兼社長:鈴木 清幸、以下 アドバンスト・メディア)は、音声認識を活用したクラウド型の文字起こしサービス「VoXT(ボクスト)」( https://voxt.jp/ )の完全委託型フルサービスを7月30日(水)より開始いたします。お客様の環境に合わせて、音声認識を活用し自分自身で文字起こしが出来るセルフ編集プランと委託型のフルサービスプランの2つより、お選びいただくことが出来ます。


■背景
日本語でのキーボード入力は英語と比較し、タイピングが2倍かかる上、漢字・カタカナへの変換も必要になります。そのため、話した内容を文字化する文字起こしのニーズは高いにも関わらず、効率の悪さやコストの問題が大きなハードルになり、文字起こし市場の拡大を阻んでいました。
アドバンスト・メディアでは、10年以上にわたり、東京都議会や県議会、一般企業などへ音声認識を活用した議事録作成支援システムの導入に幅広く取り組んで参りました。「VoXT」は、これまで培った経験と技術を活かした、クラウド型の文字起こしサービスです。


■「VoXT」サービス
お客様の納期・希望コストに応じて、「VoXT」サービス専属の文字起こしスタッフがお客様の代わりに文字起こしを行う「VoXTフル」と音声認識を利用してお客様ご自身で文字起こしを行う「VoXTセルフ」の2つの文字起こしサービスがご利用いただけます。

(1) 「VoXTフル」- 完全委託型のフルサービス
専属スタッフがお客様の代わりに文字起こしを行います。24時間以内に納品する特急納期から10営業日以内に納品するゆったり納期まで、納期に合わせて料金体系がお選びいただけます。
ホームページから1分単位での発注が可能で、マイページより現在の状況を随時確認いただくことが出来ます。忙しい時や、自分で文字起こしをする時間がない時など、シーンに合わせてご利用いただけます。

(2) 「VoXTセルフ」- 専用アプリを使って自分自身で文字起こし
音声認識技術を用いて自動的に音声を文字に変換いたします。誤変換部分を専用の「VoXT」アプリを用いて自分自身で編集をすることにより、従来の約2~4倍のスピードで文字起こしを行うことが可能です。また、これまでの音声文字変換機能に加え、マイクに話して直接文字変換が出来る、音声入力機能を新たに追加いたしました。音声精度が低いデータでも、編集画面上で直接音声入力をすることで、より正確に音声認識をすることが可能になります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング