バンガード(R)・FTSE・アジア(除く日本)高配当株式ETF(株式コード3085) 国内届出完了のお知らせ

@Press / 2014年8月26日 10時0分

〔東京、2014年8月26日〕世界最大級の投信会社ザ・バンガード・グループ・インクの日本法人バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社( https://www.vanguardjapan.co.jp )は、香港証券取引所に上場するバンガード・FTSE・アジア(除く日本)高配当株式ETF(株式コード3085)について、8月25日付で金融庁への届出を完了いたしました。当ETFはバンガード・FTSE・アジア(除く日本)ETF(株式コード2805)に続く、2本目の日本国内届出済みバンガードの香港籍ETFとなります。

当ETFは、近日中に株式会社SBI証券、マネックス証券株式会社、楽天証券株式会社等(50音順)の各証券会社を通じてご購入いただけるようになる予定です。

これにより、個人投資家の皆さまに投資していただけるバンガードETF(TM)は、既に販売されている米国籍ETF12本と香港籍ETF1本と合わせ、計14本となります。


▼日本で買えるバンガードETF一覧
https://www.vanguardjapan.co.jp/retail/investment-products/funds.htm

バンガード・FTSE・アジア(除く日本)高配当株式ETF(株式コード3085)は、FTSEアジアパシフィック(除く日本・オーストラリア・ニュージーランド)ハイディビデンド・イールド・インデックスへの連動(手数料および経費の控除前)を目指します。このインデックスは、世界の投資可能な時価総額の98%をカバーする、FTSEグローバル・エクイティ・インデックス・シリーズ(GEIS)の派生インデックスです。

インデックス・サンプリング法を用いたパッシブ運用で、アジア(除く日本)の先進国株式市場および新興国株式市場を対象とします。構成銘柄は平均以上の配当利回りを特徴とします。なお、日本、オーストラリア、ニュージーランドの普通株式は含まれません。

「バンガード・FTSE・アジア(除く日本)高配当株式ETF(株式コード3085)」ファクトシートは「日本で買えるバンガードETF一覧」ページから9月5日以降にご確認いただける予定です。

バンガードのETFは、投資家の皆様に柔軟性のある機動的な市場取引を提供するだけでなく、バンガードが提唱する『長期・分散・低コスト』の投資を実現させるためのツールとしても有効です。


◆ザ・バンガード・グループ・インクについて
バンガードの投資商品は、過去35年以上にわたるインデックス運用の経験に裏打ちされています。ザ・バンガード・グループ・インクは、1976年に米国で、世界初となる個人投資家向け株式インデックスファンドを発売しました。1986年には債券インデックスファンドを、1990年には国際株式指数に連動するインデックスファンドを、それぞれ世界に先駆けて発売しました。2001年以降、バンガードはインデックス運用で培ったノウハウを、ETF(上場投資信託)の運用においても発揮しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング