米食味コンクールで4年連続5回金賞受賞「仁多米」の新米を使用!800万食突破の『黒毛和牛 牛めし』がさらに味わい豊かにおいしくなって9月20日登場

@Press / 2014年9月16日 11時30分

『黒毛和牛 牛めし』(税込1,301円)
1871年(明治4年)牛鍋屋として創業以来、140余年の歴史を誇る肉の老舗、株式会社柿安本店(本社:三重県桑名市、代表取締役社長:赤塚 保正、以下:柿安)は、看板商品『黒毛和牛 牛めし』のご飯に島根県・奥出雲産「仁多米」の新米を使用し、さらにおいしさをブラッシュアップしました。このブラッシュアップした『黒毛和牛 牛めし』を2014年9月20日(土)より、全国の有名百貨店に出店している「柿安 牛めし」や「柿安ダイニング」(一部店舗を除く)を中心に販売します。

「柿安」: http://www.kakiyasuhonten.co.jp/


■「仁多米」の新米と秘伝の“わりした”をベースにしたタレを進化させ
 さらにおいしくなりました
柿安本店は、1871年(明治4年)に三重県・桑名の地で牛鍋屋を開業して以来、肉の老舗として良質な素材を見極める力と高い技術力を持つ料理人を有し、その集大成として誕生した商品が『黒毛和牛 牛めし』です。
柿安本店では常においしさをブラッシュアップすることにこだわり、この度、看板商品である『黒毛和牛 牛めし』のご飯に西の横綱と呼ばれる「仁多米」の新米を使用。
さらに、秘伝の“わりした”をベースにしたタレを進化させ、深みのある甘みとコクを出して、より牛肉の旨みを楽しんでいただけるように、おいしさをブラッシュアップしました。


■生産者が手塩にかけて育てた冷めてもおいしいお米「仁多米」
「仁多米」の産地である島根県仁多郡奥出雲の地は、米作りに適した、豊富なミネラル分を含んだ岩清水に恵まれています。さらに、有機質豊富な堆肥を使った土壌、加えて気候条件と中山間地域の地形を活用した棚田などにより、粘りと甘みのあるコシヒカリが稔ります。
さらに、生産者が手塩にかけて育てたお米を、年間を通じて生きた籾(もみ)のまま低温貯蔵することにより、いつでも新米のおいしさを味わうことができ、炊き立てはもちろん、冷めても変わらないおいしいさを提供することができます。


■女性・シニア層にうれしいミニサイズ
 『黒毛和牛 牛めし おいしさ一膳』を10月1日(水)に発売
年間150万食を売り上げる看板商品の『黒毛和牛 牛めし』をもっと多くのお客様に味わっていただくため、女性やシニア層にも気軽に楽しんでいただけるミニサイズの『黒毛和牛 牛めし おいしさ一膳』を10月1日(水)に発売します。
仁多米の新米を使用して『黒毛和牛 牛めし』のおいしさはそのままに、約半分の内容量でご提供します。サラダを足してランチに、一品足してお夕飯にと、様々なシーンでご利用いただけるお弁当です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング