「スリクソン NEW Z(ゼット)シリーズ」ウッドを新発売

@Press / 2014年9月18日 17時45分

メインカット
 ダンロップスポーツ(株)は、本年米男子ツアー初勝利を挙げた松山英樹選手や、2010年全米オープン優勝のグレイム・マクダウエル選手、2011年全米プロゴルフ選手権優勝のキーガン・ブラドリー選手をはじめとする、国内外の契約プロが使用する「スリクソン」ゴルフクラブの最新ウッドモデル、「スリクソン NEW Zシリーズ」ウッドを2014年9月19日より発売します。価格はオープンです。
 
 「スリクソン NEW Zシリーズ」ウッドは、新肉厚設計カップフェ―ス「ブースターカップフェース(特許出願中※1)」の搭載、新シャフト「Miyazaki Kosuma(コスマ)」の採用等により、世界のツアープロが勝つための十分な飛距離性能と方向安定性を実現しました。使用プロからは、「従来モデルと比べて飛距離が確実に伸びた」、「イメージ通りの弾道が得られる」、「球のバラつきが減った」といった声が寄せられています。

 シャフトは契約プロからも高い信頼を得ているMiyazakiブランドの新製品「Miyazaki Kosuma」を採用し、その他にも「RX-45」、「三菱レイヨン Diamana R シリーズ」を用意しました。従来モデルと比べトルクを小さくしたことで挙動が安定し、コントロール性、方向安定性が向上。ゴルファーが狙い通りに球を運べる設計となっています。また従来シリーズで好評をいただいた「クイックチューンシステム」を引き続き搭載しています。
 デザインについてもスリクソンの世界観を表すべく、力強さ、精悍さの中にも鋭さを感じさせるソール形状、カラーリング、塗装仕上げを施しています。

 当社は2014年9月に「スリクソン NEW Zシリーズ」のウッド、アイアン、ユーティリティ、ハイブリッドを、日本及び海外※2で同時発売します。

※1 ドライバーのみ ※2 一部地域を除く


■「スリクソン NEW Zシリーズ」ドライバーラインアップ

「スリクソン Z945」:(数量限定)
つかまり過ぎを気にせずたたける小振りな400のヘッド。ヘッドスピードの速い上級者向けのモデルです。

「スリクソン Z745」:
操作性が高い430のヘッド。ドロー、フェードの打ち分けが可能なモデルです。

「スリクソン Z545」:
安心感のある460のヘッド。「ウエイトフィッティングシステム」を二箇所配置することで、重心の深さ、高さが調節でき、好みの弾道をセッティングできるモデルです。

■「スリクソン NEW Zシリーズ」フェアウェイウッドラインアップ

「スリクソン Z F45 TOUR」(W#3+、3):(数量限定)
両番手に「ブースターカップフェース」を採用したことでスイートエリアが拡大。ヘッドを低重心化、浅重心化させたことにより、飛距離性能をさらに進化させました。つかまり過ぎを気にせずたたける、シャープなヘッド形状です。

「スリクソン Z F45」(W#3、4、5、7):
トウ・ヒール方向にスコアラインを伸ばすことで引っかからないイメージを出しやすく、構えやすさが向上したヘッド形状となりました。W#3は「ブースターカップフェース」を採用。

■「スリクソン NEW Zシリーズ」ウッド特長

1.従来にない飛距離と操作性を可能にした新肉厚設計の「ブースターカップフェース」※3

(1) 反発性能が大幅に向上し、スリクソンシリーズで最も広い反発エリアを実現しました。スイートエリアがドライバーでは最大35%、フェアウェイウッドでは最大58%拡大※4しています。

(2) オフセンターショット時の飛距離ロスやコントロールミスを大幅に改善した結果、打点位置を意図的に変えたコントロールショットが可能となりました。

※3 ドライバー全モデル、フェアウェイウッドZ F45 TOUR W#3+、#3、Z F45の#3に採用。
※4 Z545、Z F45 TOURと従来モデルの比較値。

2.スリクソンの世界観を伝えるヘッドデザイン

 ヘッドデザインは、世界で戦うツアープロの「武器」としての力強さや精悍さのイメージと、実戦での効果を両立した形状としました。既にトーナメントで使用している契約プロからも「非常にデザインがよい」、「フェースラインに安心感がある」と好評を頂いています。カラーリングも艶消しブラックのソールに、ミラー仕上げのZロゴ、サテン仕上げのスリクソンロゴを合わせ、力強さ、精悍さの中に鋭さを感じられるデザインに仕上げています。打球音もフィーリングを重視し、上級者が好む「小さく、低く、残響の短い音」としました。

3.飛距離アップを実現する「デュアル スピード テクノロジー」

 上級者向けの手元重心設計シャフトと、スイートエリアを拡大させ重量も重くしたヘッドにより、操作性・安定性はそのままに「ヘッドスピード」と「ボールスピード」の2つのスピードアップを実現しました。

(1) 「ヘッドスピードアップ テクノロジー」
手元重心のシャフトを採用することでクラブ全体の慣性モーメントを小さくし、振りやすさを高めています。また低トルク化により方向性が安定することで、安心して振りぬけるようになり、ヘッドスピードがアップします。

(2) 「ボールスピードアップ テクノロジー」
スイートエリアの拡大や、ヘッド重量の増量※5によりインパクト時のボールの平均初速がアップします。

※5 ドライバーのみ


4.豊富なシャフトラインアップ

<Miyazaki Kosuma>
「BLACK 氷」(手元調子)
つかまり過ぎないから思い切り振り抜ける、低スピンの力強い弾道で飛ばす。
ヘッドスピードが速めで安心してたたけるシャフトを求めるゴルファーへ。


「Indigo 霙(みぞれ)」(中手元調子)
全体でしなるシャフト挙動と先端の『しっかり感』でつかまりすぎを抑えて中弾道で飛ばす。
安定して飛ばしたいゴルファーへ。


「Blue 水」(中調子)
全体がしなる素直なシャフト挙動、安定した振り抜き、中高弾道で飛ばす。
しっかりしたシャフトで安定して振り抜きたいゴルファーへ。


「Silver 霧」(先中調子)
先端部に『タメ』を生み出し、鋭い振り抜き、高弾道で飛ばす。
高打ち出し、高弾道で飛距離にこだわるゴルファーへ。


<RX-45>
手元重心設計でやさしく飛ばせる、スリクソンZシリーズ専用設計シャフト。


<三菱レイヨン Diamana R 60>
三菱レイヨン社の人気シリーズ「Diamana」シャフトも加わり、よりバリエーション豊かなラインアップとなりました。



5.精度の高いショットを可能にする「クイックチューンシステム」

 持ち球を活かして思い通りの球が打てると好評の「クイックチューンシステム(QTS)」を、従来シリーズに引き続き搭載※6しています。

 ※6 Z F45 TOURを除く。

(1)弾道を調整する「QTSスリーブフィッティングシステム」
 シャフト先端部分の「QTSスリーブ」を回転させることでフェース角、ライ角、ロフト角を12通りのポジションから選択できます。弾道変化の幅はドローからフェードまで左右方向に約37ヤード(フェアウェイウッドで約30ヤード)で、持ち球を活かす調整が可能です。
【QTSスリーブフィッティングシステムイメージ】



(2)球のつかまりを調整する「ウエイトフィッティングシステム」
 ヘッドのセンター部分※7に装着されているチューニングウエイトを交換することで重心の高さや深度を調節することができ、弾道の高低をコントロールすることが出来ます。別売りのオプションウエイトが用意されており、多様な調整が可能です。

 ※7 Z545はセンター部分、バック部分に配置。


■「スリクソン NEW Zシリーズ」ドライバーの概要

◇発売日 : 2014年9月19日(日本)

◇生産国 : 日本

◇価格 : オープン

◇ヘッド素材 : フェース:6AL-4Vチタン ボディ/クラウン:8AL-2Vチタン
チューニングウエイト /Z945、Z745(7g:ステンレス)
/Z545(7g:ステンレス、3g:チタン)


◇ヘッド製法 : フェース:鍛造 ボディ:ロストワックス精密鋳造

◇仕上げ : フェース:サテン仕上げ ソール:サテン+ショット+ミラー+黒IP+塗装仕上げ

◇グリップ : スリクソンオリジナルフルラバー(バックライン無し、ロゴ入り)


■「スリクソン NEW Zシリーズ」フェアウェイウッドの概要

◇発売日 : 2014年9月19日(日本)

◇生産国 : 日本

◇価格 : オープン


◇ヘッド素材 : フェース:HT1770鋼 ボディ/クラウン:マレージング鋼
チューニングウエイト(7g:ステンレス)※Z F45のみ

◇ヘッド製法 : フェース:鍛造 ボディ/クラウン:ロストワックス精密鋳造

◇仕上げ : フェース:サテン仕上げ ソール:黒IP+サテン+ショット+ミラー+レーザー仕上げ

◇グリップ : スリクソンオリジナルフルラバー(バックライン無し、ロゴ入り)




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ドライバー945ドライバー745ドライバー545

@Press

トピックスRSS

ランキング