全国の丼愛好家で構成する【全国丼連盟】福井県を“丼の聖地”として初認定 全国の丼で頑張る地域を大募集!全国丼連盟Webサイトで紹介 “丼”を食べに行く「丼ツーリズム」を通じて各地域の活性化に貢献します!

@Press / 2014年9月29日 14時0分

丼を通じて日本を元気にすることを目指している一般社団法人全国丼連盟(事務局:東京都中央区/以下、全丼連)は、おいしい丼を食べに行くことを目的に、その土地の魅力を楽しみながらドライブや観光をする、“丼”を中心とした旅のスタイルを「丼ツーリズム」と提唱し、「丼ツーリズム」の推進や、丼を通して地域活性に取り組む地域を全丼連Webサイトで紹介していきます。その第一弾として、福井県の全国初となる、丼で県を丸ごとPRする「福丼県プロジェクト」が、全丼連が提唱する「丼ツーリズム」の趣旨に合致していることを支持し、“丼の聖地”として初認定することをここに発表いたします。

全丼連では、「丼ツーリズム」を推進している地域や、“丼”を通した地域活性に取り組む自治体を本日2014年9月29日(月)より、全丼連Webサイト応募ページ( http://don.or.jp/project/yell )にて広く募集し、その地の名物丼と共に全丼連Webサイトにて随時紹介していきます。さらに丼の評価や口コミと共に、丼の有名店を検索できる「全国丼マップ」( http://don.or.jp/map )を、2014年9月16日(火)にオープンし、今後さらに掲載数を増やしていく予定です。

近年、積極的に観光施策に取り組む地方自治体が増えてきたこともあり、観光庁が今年発表した「旅行・観光消費動向調査」によると、国内観光旅行(観光目的の旅行)の延べ旅行者数は1億2,583万人で前年同期比15.6%増加しています。
“丼”は、日本が世界に誇る和食の代表食であり、その中でも各地域における「ご当地丼」は、その地域の特産品が楽しめ、“丼”を通じて地域の特色・魅力も感じることができます。全丼連では、各地域のご当地丼を多方面で紹介することで、各地方自治体の取り組みを応援し、各地域の活性化に貢献していきたいと考えています。


■福井県を“丼の聖地”として認定した理由
(1) 47都道府県に先駆け、丼で丸ごと県をPRするという意欲的な試み
1世帯あたりの自動車保有台数日本一であり、1台あたりの年間走行距離も全国平均より1割高い「自動車社会」福井県において、丼をきっかけとするドライブ需要および観光需要を喚起し、「丼ツーリズム」モデルエリアになることをいち早く表明しました。

(2) 丼の代名詞カツ丼。「ソースかつ丼」「しょうゆかつ丼」などにより、「カツレツ」の消費日本一
総務省「家計調査」によれば、福井県は「カツレツ」の消費日本一であり、それは福井県のご当地丼として、近隣県からも多くのファンが訪れる「ソースかつ丼」「しょうゆかつ丼」などのムーブメントに支えられています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング