Colt、アジアに拡大するためKVHの買収予定を発表

@Press / 2014年11月12日 16時30分

先進的な情報デリバリー・プラットフォームを提供するColt Group S.A. (ロンドン証券取引所: COLT、以下「Colt」)は本日、KVH株式会社(本社:東京都港区、以下「KVH」)の株式の100%を取得することに合意したことを発表しました。KVHは、世界有数の経済都市である東京に本社を置く、アジア有数の情報デリバリー・プラットフォームであり、大阪、シンガポール、香港、上海、ソウル、およびシカゴで事業を展開しています。

Coltは、KVHの株式をフィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチ(FMR LLC)、フィデリティ・インターナショナル・リミテッド(FIL)および共同出資者から取得し、総額185.95億円(約1億3,030万ユーロ [1])の現金を対価として支払います。この対価は2014年7月31日時点のKVHの調整後連結貸借対照表に基づいており、取引成立時点で現金での支払いが可能になります。Coltは、この取引の資金を既存の財務的資源から調達します。Coltの独立株主の承認に従って、この取引は2014年12月に成立する予定です。

この取引は、Coltの地理的拡大戦略をサポートするもので、情報集約型の多国籍企業(MNC)のグローバルなニーズにこれまで以上に対応することを目的としています。Coltがヨーロッパ全体でネットワークを網羅するとともに、一貫したサービス・エクスペリエンスをシームレスに提供してきた結果、Coltの製品およびサービスを世界規模で提供して欲しいという需要が高まっています。2013年のColtの総収入のち34.4パーセントがMNCによるものであり、KVHの総収入のち92パーセントがMNC(そのうちの約半分が日本のMNC)によるものです。

この買収の結果、両社の地理的な多様性が増します。アジア太平洋地域の情報通信技術(ICT)市場は年間約12パーセントの成長を続けており、Coltは、KVHのプラットフォームを活用することで、この将来的な成長が見込まれる市場に進出するプラットフォームを得ることになります。また、KVHの顧客も、Coltの情報デリバリー・プラットフォームを活用してヨーロッパ市場により広く進出できます。

KVHおよびColtは相互の補完性が高い企業であり、経営面においても長年にわたり関係があります。2社のビジネス・モデル、顧客プロファイル、ネットワーク・プラットフォーム、データ・プラットフォームおよび製品間で一連の類似があることから、2つの企業間で相乗効果が生まれ、これによって2社の事業の統合がスムーズになります。また、ColtおよびKVHは、情報集約型産業(資本市場など)で事業を展開している顧客を対象とした戦略を共有します。

@Press

トピックスRSS

ランキング