石川県かほく市のボディーキュアじゅらく、県内初”緩消法”によるヒザ痛改善施術を提供~元気に働き続ける高齢者層に人気~

@Press / 2014年11月25日 10時0分

ヒザ痛改善施術
 施術院ボディーキュアじゅらく(所在地:石川県かほく市、代表:岡田 太一)は、筋肉を軟らかくすることによって痛みを取り除く”緩消法”で身体の痛みを改善する施術を提供しており、特にヒザ痛に悩む方から好評を得ています。当院は、石川県では”緩消法”を積極的に取り入れた初の施術院となります。

公式ホームページ: http://www.jura9.sakura.ne.jp/


【寒い季節に身体の痛みが悪化するワケ】
 11月に入って気温が下がり、急激にヒザ痛を訴える方が増えています。気温が下がると血管の収縮が起こるため、血行が悪くなり、酸素や栄養の循環も滞り、体は老廃物が溜まりやすい状態になってしまいます。
そのため痛みを感じ取る神経がある筋肉には老廃物が溜まり、ますます筋肉が硬くなり、痛みが増してしまいます。寒い時期のヒザの痛みはこうした悪循環の繰り返しによってさらに悪化します。 


【”緩消法”で筋肉を軟らかく!】
 ”緩消法”とは、2007年に筋肉構造研究者 坂戸孝志氏が、世界で初めて筋肉を無緊張状態にすることに成功し、科学的にも立証された身体の痛みを取り除く治療方法です。

 通常、筋肉の緊張というと揉みほぐしなどで軟らかくできるイメージがありますが、緊張した筋肉を揉んだ場合には炎症が起こり、揉み返しによってさらに硬くなってしまいます。”緩消法”を施術に取り入れ、筋肉を軟らかくすることで、痛みの原因である「筋肉の緊張」が緩和され、ヒザ痛をはじめ腰痛その他多数の痛みの改善も可能となりました。

 また一般的にヒザ痛は、「 ヒザの軟骨が減るから痛い 」と言われていますが、厳密には軟骨に痛みを感じとる神経がありませんので、軟骨が減っているから痛いということはありません。ヒザの周囲の「 筋肉が緊張する 」ことで、痛みが起こっています。


【ヒザ痛の改善施術が好評なワケ】
 当院がある石川県かほく市は、繊維の町として全国的に知られており、家族経営で小さな繊維工場を営んできた方が多く、特に現在60代以上の女性などは、家事をしながら夜中まで働くといったことが当たり前となっており、働き者の女性が多い傾向にあります。そのため60歳、70歳を超えても働きたいという方が多く、不景気で工場を畳んだ方も、働きの場を地元の飲食店やスーパーに移してなお働かれております。
 また、石川労働局の調査によりますと、石川県内で働く65歳以上の労働者数が2009年は5,173人だったところ2014年には9,010人となり、わずか5年間で70%以上も増えています。
 そんな中、ヒザを酷使し、痛みを抱えながら仕事をしている方が少なくありません。特に、当院ではそのような働き者の60代、70代の女性に人気があり、いつまでも元気に働き続けたいという方を中心に口コミが広がり、ここ数か月でヒザ痛による利用者様が以前の3倍以上に増加しております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング