日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」【東日本編(北海道/東北/北関東/甲信越)】 室蘭工業大学、東北大学、群馬大学、信州大学が各地域の「地域産業に貢献している」第1位に 各大学「ならでは」の魅力が発信される

@Press / 2014年11月28日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で8年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2014-2015」の結果をまとめ、11月28日に調査報告書を発売しました。

 全国9地域455大学について、各大学の認知やイメージなどを尋ね、本リリースは、【東日本編】の「有職者からの回答結果」に関するものです。なお、【東日本編】は北海道、東北、北関東、甲信越の4地域を対象に、それぞれ独立して調査を実施。調査対象大学数は、北海道13校、東北38校、北関東20校、甲信越22校。
 【東日本編】の各地域の大学ブランド力トップは[北海道]北海道大学、[東北]東北大学、[北関東]筑波大学、[甲信越]信州大学となりました。


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の得票率を束ねて算出した総合スコア)トップ
・[北海道]北海道大学 [東北]東北大学 [北関東]筑波大学 [甲信越]信州大学
■その大学「ならでは」の魅力として
・室蘭工業大学、東北大学、群馬大学、信州大学が、各地域の「地域産業に貢献している」第1位
・「在学中の資格取得に積極的」な大学は、北海道教育大学、東北福祉大学、筑波大学、都留文科大学


【調査結果データ】
■《大学ブランド力》首位:[北海道]北海道大学、[東北]東北大学、[北関東]筑波大学、[甲信越]信州大学
 [北海道]北海道の大学13校における「大学ブランド力」第1位は、77.4ポイントを獲得した北海道大学(表1-1)。第2位は小樽商科大学(54.6ポイント)、第3位は北海道教育大学(52.8ポイント)。
 [東北]東北地方では38校中、東北大学(96.4ポイント)が第1位(表1-2)で、第2位は岩手大学(58.5ポイント)。第3位には東北学院大学(58.3ポイント、私立大学では第1位)が続き、前回から4位順位を上げた。公立大学の第1位は国際教養大学(56.7ポイント)。前回と比較すると、東北大学の伸び(2.9ポイント)が最も大きい(表2)。
 [北関東]北関東では20校中、筑波大学(86.4ポイント)が第1位(表1-3)。第2位は群馬大学(58.9ポイント)、第3位は宇都宮大学(54.5ポイント)が続いた。公立大学の第1位は高崎経済大学(51.1ポイント)、私立大学の第1位は足利工業大学(50.3ポイント)となった。前回と比較すると、筑波大学と群馬県立女子大学が最もポイントを伸ばしている(1.6ポイント)(表2)。
 [甲信越]甲信越地方では22校の中、信州大学(74.4ポイント)が第1位(表1-4)。第2位は新潟大学(69.7ポイント)、第3位は山梨学院大学(59.3ポイント、私立大学では第1位)となった。公立大学の第1位は都留文科大学(50.4ポイント)。前回と比較すると山梨学院大学の伸び(3.2ポイント)が大きい(表2)。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング