全国70,000人の人事キーパーソンが選ぶ「HRアワード2014」受賞者決定!

@Press / 2014年11月28日 13時0分

「HRアワード2014」マーク
日本最大の人事ポータルサイト『日本の人事部』( http://jinjibu.jp/ )を運営する株式会社アイ・キュー(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 城)は、2014年11月18日(火)に開催された、日本の人事部「HRカンファレンス2014-秋-」において、人・組織関連で功績のあった方たちを表彰する、日本の人事部「HRアワード2014」表彰式を同時開催し、各賞の受賞者を発表しました。


【日本の人事部「HRアワード」とは】
日本の人事部「HRアワード」は、人事、人材開発、労務管理などの各分野において、積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部やHRビジネス企業、また、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、人事や人材開発に関わる全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールド全体の活性化を実現することを目的として創設されました。『日本の人事部』会員の投票結果を基に選考委員会が各賞を選出する選考方法は、透明性・公平性が高いとご評価いただいており、HR関連では最も権威のある表彰制度と言われています。( http://hr-award.jp/ )

今回が3回目となる、日本の人事部「HRアワード」ですが、最終投票には前回の1,875人を大幅に上回る2,462人もの方から回答が寄せられるなど、昨年(2013年)以上に、経営者や人事の皆さまからの注目度が高いことがわかりました。
各部門とも、「独創性」や「革新性」に優れた取り組みばかりがノミネート。最終的に選ばれた受賞者の方々は、将来的な「成長性」や「拡大性」も期待できるところが多く、まさに2014年のHR領域を代表するような、錚々たる顔ぶれが揃いました。
次回の日本の人事部「HRアワード2015」でも、さらに独創的且つ革新的な候補と多数出会えることを期待しています。


■「日本の人事部「HRアワード2014」受賞者一覧
【企業人事部門】
●最優秀賞
伊藤忠商事株式会社
多残業体質から脱却、業務効率化を実現する「朝型勤務制度」

●優秀賞
アサヒビール株式会社、株式会社インテリジェンス、株式会社電通北海道、日本郵便株式会社、北海道上川郡美瑛町、ヤフー株式会社
異業種社員チームによる、北海道・美瑛町の「地域課題解決プロジェクト」

面白法人カヤック
「ぜんいん人事部化計画」社員全員を人事部に配属

花王株式会社
先進的な「仕事と育児の両立支援」に関する取り組み

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング