特許取得の高機能ソックスを12月4日~6日開催の「SPORTEC2014」で展示 ラオスのプロサッカーチーム所属 中村 元樹選手のミニトークショーも開催

@Press / 2014年12月1日 12時0分

リアライン・ソックス
靴下製造卸販売を行っているイイダ靴下株式会社(本社:奈良県御所市、代表取締役社長:飯田 清三)は、2014年12月4日~6日迄開催される日本最大のスポーツ・健康施設活性化のための専門展・カンファレンス「SPORTEC2014」へブース出展致します。
また、ブース出展を記念して、12月5日にラオスのプロサッカーチーム「ランサンイントラFC」で活躍する中村 元樹選手を招き、展示商品『ReaLine(R)Socks(以下 リアライン・ソックス)』の活用方法についてミニトークショーを開催致します。


【ブース出展概要】
日時  :2014年12月4日~6日
場所  :東京ビッグサイト 西3・4ホール
     ホームヘルス&フィットネスEXPO(小間番号:6-3)
展示商品:・リアライン・ソックス(機能性ソックス)
     ・Runtageシリーズ(機能性インナー)
     ・エクサニスタ(機能性カジュアルソックス)


【リアライン・ソックス ミニトークショー概要】
日時  :2014年12月5日
     1回目 13:00~13:30(30分間)
     2回目 14:00~14:30(30分間)
場所  :東京ビッグサイト 西3・4ホール
     ホームヘルス&フィットネスEXPO(小間番号:6-3)
観覧方法:当日時間内にブース前へお越し下さい

◆ゲスト:中村 元樹(なかむら げんき)選手プロフィール
ドイツ、ペルー、ベトナム、インドなど世界のクラブチームで実績を積みアルバニアでは「初のゴールを上げた日本人」として大きく取り上げられ、次節も一点一アシストを記録し注目を浴びた。現在はラオスのプロサッカーチーム「ランサンイントラFC」で活躍中


【ブース展示商品:リアライン・ソックス】
『リアライン・ソックス』は、アスリートのリハビリテーションで開発された、テーピングの機能を備えた高機能ソックスです。背屈可動域が改善し、スムーズにしゃがめるようになります。股関節伸展が強調され、大殿筋の活動が改善します。そのため、歩行・階段の昇り降り・スクワットが行い易くなります。距骨内側を後方に滑り込ませる事によって、足関節が“カチッ”とはまる感覚が得られます。

◆商品特長
・捻挫防止のみならず、正しい位置に骨格を戻し、ソックスを脱いだ後も効果が持続。
・通常スポーツ現場で使用されているテーピングを超える安定感と可動性。
・表裏のすべりとめ素材により足とシューズの一体感が格段に向上。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング