コレクシア、ボーダーズと購買履歴データを用いた広告効果測定領域で提携 実購買から広告価値を分析するプラットフォーム『PARAP』12月16日提供開始

@Press / 2014年12月16日 11時30分

『PARAP』の連携体制
マーケティングサイエンスを専門とするシンクタンクの株式会社コレクシア(本社:東京都新宿区、代表取締役:村山 幹朗)と、マーケティングリサーチにおける消費者パネルやプラットフォームを提供する株式会社ボーダーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:萩野 郁夫)は業務提携し、ボーダーズ社の消費者パネル購買データサービス「SCOOP(※1)」と、コレクシア社の広告価値分析ASP「サードマン(※2)」を用いた、広告調査・広告価値分析プラットフォーム『PARAP(パラップ)』の提供を2014年12月16日より開始しました。

『PARAP』を利用する事で、購買ブランドや購入金額、購入チャネル、曜日、時間など実際の購買場面における軸に沿って、使用した各広告の効果を金額や人数へ換算可能になります。

『PARAP』紹介WEBサイト
http://roi-plus.com/thirdman/parap.html


■消費者個人の購買時の情報に紐付いた、広告調査・分析を実現
『PARAP』は、「SCOOP(※1)」でアンケート調査を実施し回収したデータを、コレクシア社が提供する広告価値分析ASP「サードマン(※2)」で分析します。今回の業務提携により、特定ブランド購買者や特定小売チャネルでの購買客に絞って広告の価値を算出することが可能となります。特に、「特定の小売店の売上に対する広告効果」や「広告の各曜日に対する売上貢献」の様な、Point of Salesでしか取得できない軸に沿った広告効果や費用対効果を詳細に計算できることが最大のメリットであり、広告価値の推定(金額換算や人数換算)の精度が大幅に高まる事を期待できます。


■効果測定に留まらず、「何故か?」「どうするべきなのか?」まで踏み込む仕組みを提供
『PARAP』では、購買履歴と紐付いたデータを収集する際に、消費者心理や態度、動機、印象、その他購買行動全般に対する購買の「原因」を解明する為のデータも同時に取得することが可能です。この利点を活かし、単なる効果測定に留まらず、各広告媒体の強み弱みの診断を行う、購買プロセスを促進する為のドライバーを探索する、媒体配分を最適化するなど、測定結果を基に後のプランニングで広告の価値を高めるメディアインサイトを探る仕組みも提供する事を目指します。また、今後は広告プロモーション領域の分析のみならず、他の4P(※3)への適用を進めていきます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング