1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

「こんなはずじゃなかった…!」周りに反対されて結婚したカップルの末路5つ

美人百花デジタル / 2021年11月22日 19時50分

写真

結婚を報告して周りに祝福されるはずが、反対されてしまった! 周囲に反対されても2人が良ければそれでいい……と結婚を押し切ったカップルの末路をリサーチ。周りの客観的意見は重要かも?

周りに反対されて結婚したカップルの末路

(1)定職につかない夫を支え体調ダウン

「アルバイトをしながらお笑い芸人を目指して養成所に通っている夫。両親は、娘に苦労はしてほしくないからと、結婚を反対していました。私は正社員として働いて夫を支えると決めて結婚したのですが、子どもが生まれてから心労で体調を崩してしまい、結局両親の力を借りています」(30歳/保険)

子どもに恵まれたことはとても幸せではあるものの、体調を崩してしまい、苦労する結果に。夫に夢を諦めて定職についてほしいと思っているそうです。

(2)親の介護の前に夫の介護

「24歳のとき、当時18歳年上の部長に惹かれて結婚。両親と同じくらいの年齢ということもあり大反対されました。その8年後、夫が病気で毎日通院することに。私が付き添いをしなければいけないので、職場にも両親にも迷惑をかけています。まさか、両親の介護の前に夫の介護問題に突入するとは……」(32歳/証券)

歳の差が大きい場合、パートナーが体を壊してしまい夫婦間で問題が発生することも。こういった万が一のことを考えてほしいと両親は考えていたのかもしれません。

(3)浮気されまくりで愛のない結婚生活

「エリートコースの商社マンと結婚。しかし、夫の知り合いは『本当にこいつでいいの?女関係で苦労するぞー(笑)』と言われてきました。私から見た夫は一途だったのでからかわれていると思っていたのですが、結婚して3ヵ月後に浮気発覚。ハッピーなはずの新婚生活が喧嘩ばかりの毎日に。妊娠中だったので離婚もできず、今に至ります」(29歳/主婦)

結婚前は周りが見えなくなることが多いです。周りの人の意見に耳を傾けることの重要性を痛感しますね。

(4)借金が増え続けて夫婦生活が破綻

「借金がある彼との結婚を両親は大反対。それを押し切るかたちで入籍しましたが、私が把握している借金以外にも金銭問題が発覚。働いても働いても生活がカツカツで、ストレスがたまり離婚。両親の言うことは聞くべきなんだなと思いました」(27歳/教育関係)

借金があると分かった時点で、それを清算してから入籍を考えても遅くはなかったかも。

(5)お祝いごとの祝福が皆無

「3姉妹の長女の私は父の会社の跡継ぎだと小さいころから言われていました。しかし、私が結婚相手に選んだ相手は、自分で事業をやっている人。私の両親に賛成されないまま結婚したので、未だに妊娠や出産でさえ、お祝いの言葉もありません。事実上、縁を切られている感じです」(31歳/自営業)

長女の代わりに次女が跡継ぎに。次女からも「お姉ちゃんのせいで私が後を継ぐことになってしまった」と嫌みを言われているそうです。

結婚は当人同士の話だけではない

2人が良ければそれで良し……それはカップルまでの話。反対を押し切るかたちで結婚をしてしまうと、さまざまな弊害によって幸せとは程遠い結婚生活になってしまう場合も。反対されている場合は、その理由を聞き、原因を取り除く努力をしてみるとうまくいくかもしれませんよ。

書いたのは

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください