都合のいい女になりがち? ダメ恋愛にハマる女性が言えない一言

ココロニプロロ / 2020年11月21日 19時55分

写真


Twitterで「恋が叶うオンライン恋愛神社」と呼ばれ大人気! 恋愛コラムニスト兼マジシャン、浅田悠介さんの連載コラム(毎週土曜更新)

■恋を叶える魔法のフレーズとは?
魔法の恋愛術、その秘密をお教えします。

いつも彼氏がとぎれない、あの子に近づけるでしょう。彼から大事にされている、あの子のようにもなれるでしょう──ラブスペル(恋の呪文)を使えば。

貴女の恋を叶えるカギは「二人のときに何を話すか?」にあります。

私たちは会話によって、相手を知ったり、好きになったりするから。

むずかしい恋の理屈はおいといて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学をベースにしているので超強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみましょう。きっと彼の反応も変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

■尽くしすぎる恋を終わらせるには…


◎シチュエーション : 交際中の彼を一番に優先しがちなとき
◎ターゲット : 長く対等に付き合っていきたい男性
◎場所 : どちらかの家など


「いつも〝尽くす女〟になってしまう」
「もう振り回される恋愛はしたくない」
「彼との恋愛だけは長続きをさせたい」

そんな、なぜか振り回される恋をしがちな貴女のためのラブスペル。

好きな人を前にすると、つい尽くしてしまうのはわかります。

嫌われたくないあまり、デート先は毎回彼の行きたいところ、いつも彼の機嫌をうかがったり、お金を貸したり、あれこれと言うことを聞いてしまうのですよね。

しかし、それでは恋は長続きしないものです。

長続きする恋は「対等」だから。片方が尽くしてばかりで、もう片方はそれを受け入れるだけの関係だとバランスが悪くなります。もろく壊れやすいのです。

「じゃあ、代わりにお願いしていい?」

そんなときは、このラブスペルを唱えましょう。

彼に尽くすようお願いされたら、すかさずカウンターのように切り出すのです。

デート先を決められそうになったら「じゃあ次は、私の行きたいお店でいい?」と一言、料理を頼まれたら「じゃあ、テーブル片付けといて」と切り返しましょう。

いわば〝交換条件〟を持ちかけるということです。

このラブスペルを唱えると「一方的に尽くす関係」が「フェアな関係」になります。

少し勇気がいるかもしれません。しかし、その恋を長く幸せなものにしたいなら頑張るしかありません。ぜひ、このラブスペルを唱えてみましょう。


■対等な関係こそ当然の関係

大事なことなので強調させてください。

私たちは恋をすると、つい媚びるように下手に出てしまうものですよね。好きな人に好かれたいし嫌われたくないのは当たり前のことですから。

しかし、それではいけません。好きな人だけでなく、周囲の人と対等な関係でいるのは(フラットなコミュニケーションを取るのは)普通のことなんですよ。

忘れがちな事実を、今一度、考えてみてくださいね。


■ラブスペルを唱えたあとは?

「じゃあ、代わりにお願いしていい?」

すかさず〝代わりの提案〟をしたあとは、それが当然という雰囲気を醸し出しましょう。

さっさと〝自分の行動〟を始めるのでもいいでしょう。何気なく次の話題に移るのでも、彼を椅子から立たせるのでも。さも当然のように動くのがコツです。

相手との未来にわたる関係までコントロールできる強力な魔法です。

ラブスペルを使って、魔法のように、その恋を叶えていきましょうね。


--------------------------------
【恋を叶える魔法の一言】

ラブスペルNO.15
「じゃあ、代わりにお願いしていい?」

◎シチュエーション : 交際中の彼を一番に優先しがちなとき
◎ターゲット : 長く対等に付き合っていきたい男性
◎場所 : どちらかの家など
◎ラブスペルの効果 : 「一方的に尽くす関係」から「フェアな関係」になれる
--------------------------------

※次回もお楽しみに(土曜更新)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング