平原綾香“オー人事”の曲を圧倒的な歌唱力で歌い上げる

Entame Plex / 2019年8月16日 4時40分

写真

平原綾香“オー人事”の曲を圧倒的な歌唱力で歌い上げる

株式会社スタッフサービス・ホールディングスは、8月17日(土)より、平原綾香出演の新TVCM「オー人事のうた篇」を関東・中部・関西エリアで放映する。

本TVCMでは、オー人事のCMでお馴染みとなっているチャイコフスキー『弦楽セレナーデ』に歌詞をつけた楽曲を、シンガーソングライターの平原が歌い上げる。



スーツ姿のヴァイオリニストがデスクに座って演奏の準備をしているところから、CMはスタート。キャリアウーマンに扮した平原が颯爽と登場すると、ヴァイオリンの演奏にのせた平原の美しい歌声がオフィス中に響き渡る。楽曲はオー人事CMでおなじみの『弦楽セレナーデ』。歌が終わると、ヴァイオリニストたちは瞬時にヴァイオリンを置き、パソコン操作や電話対応など仕事に戻る。平原も席に着くと、携帯電話でオー人事に連絡し、安堵の表情を浮かべ、オフィスを後にするところでCMは終了。

今回、CMの公開に併せて、撮影時のメイキング映像も公開されているほか、平原に撮影の感想などを聞いた。



──今回撮影したCM中で注目して欲しいポイントはありますか。

平原:今回は何十年も続いているこのオー人事のCMで、ずっと使われ続けているチャイコフスキーの弦楽セレナーデに歌詞がついたっていうところが見どころ聴きどころなんじゃないかなって思います。

──今回のCM撮影で、印象に残っているエピソードをお答えください。

平原:私もよくクラシックのカバーをすることもあって、クラシックに歌詞をつけることの難しさとかメロディを愛している人たちに向けて、どんなアプローチをして歌えばいいかなということをよく考えています。チャイコフスキーの弦楽セレナーデは、オー人事のCMがあるからこそ、子供から大人までに知られているクラシックの曲となっているので、今回新たにそこに歌詞をつけるというのは、もしかしたら勇気がいることだったのかもしれません。私もその熱意に心押されて、とにかく“良いメロディに良い歌詞を”ということを意識し、レコーディングしたので、最初に歌い始める時は、久しぶりにドキドキしました。

今回、プレイヤーとして活躍している方が当て振りじゃなくて、実際に現場でも弾いているというのが一番の見どころであり、印象深いところでした。自分の楽器を弾いて、楽器を置いて仕事をし始める、っていうところが面白かったです。「サッて(机に)置いてください」と監督さんが言ってましたが、やっぱり(楽器が)自分の宝物なので雑に置けないからゆっくり大事そうに置いている様子が、私的にはすごく面白かったです。皆さん演奏家なのにちゃんと演技されていてすごいなって思いました。

──“オー人事”のCMのオファーを聞いたときの感想を教えて下さい。

平原:最初お話をいただいたときは、「なんで私なんだろう?」っていうのが正直なところでしたね。だけど、思えば弦楽セレナーデを使っていてそこに歌詞をつけるっていう新たな試みの中で、平原綾香を思い出して下さったんじゃないかなって思い、ある意味納得しました。(オー人事の)CM自体毎回面白くて、すごく好きなCMだったので、嬉しかったですね。何十年もの歴史の中に、私も参加させてもらったっていうのはとても幸せでした。

──“振り回されているな”と思ったエピソードがあれば教えて下さい。

平原:自分に振り回されることがあります。というのは、私はやっぱり歌手として早く寝なきゃいけません。できれば12時までに寝たい。そうでないと、声帯が回復しないので。だけど寝る為にはちゃんとマスクをして、加湿器を付けて、首にタオルを巻いて、もちろん寝る前にお風呂に入って疲れを癒してからベッドに入って…っていうのをやると寝るまでに時間がかかる。だから健康の為に夜更かししてる感じ。自分がやりたいことなんだけど、そういう段取りが悪い自分にいつも振り回されてるっていうのはありますね。

──“言った”“言わない”と、水かけ論になったエピソードがあれば教えて下さい。

平原:私には姉がいるので、小さい頃お姉ちゃんと“言った”“言わない”で喧嘩した思い出があります。私は金色を選んだのに、お姉ちゃんが「あなた(平原さん)はシルバーって言ってた!」みたいな。金色のお人形を取りあったっていうことがありました。音楽の面では、『この間、(平原さんが)アレンジをこう変えたいと言ってたよね。』と言われて、「私、そんなこと言ったっけ?」みたいなことはあります(笑)。

──歌手以外だったらどんな仕事に就きたいですか。

私は11年間クラシックバレエをやっていて、クラシックバレエの素晴らしさを小さい頃から体感させてもらっていたので、「バレリーナ」もいいなって憧れていたことがあります。あとは「ペットの調教師」も夢見ていました。ワンちゃんを飼っていますが、しつけが上手というか、しつこいんですかね(笑)。ワンちゃんができるようになるまで根気強く教えるとかそういうのが得意です。

──歌手のお仕事をされていて、辛かったことや歌手をやめたいと思ったことはありますか。

たくさんあります。歌手なので体調管理を徹底的にやっておかないと、自分のベストの歌が歌えない…これほど悔しいことはありません。(デビューして間もない頃)会場によってはとても歌いにくいところがあるんですが、「歌いにくい、歌いにくい…」って思いながら歌っている自分が悔しかったです。そのとき母に「1ミリでもいいから音が聴こえたら歌えるから頑張れ」って言われたことがありました。その時に私は誰かのせいにして歌っていたのかもしれない、人のせいにしながら歌っているからすごく辛かったんだと思う。歌いにくい状況に陥ったとき、誰のせいにもしないで、自分でこの場をしっかり立て直していくっていうことをやったときに、落ち込まなくなった。自分のことに責任を持つ、誰のせいでもない、ってことをそのときに学びました。

──ご家族も音楽関連のお仕事をなさっていますが、平原さん自身はいつ頃から歌手を目指したんですか。

平原:私自身小さい頃から人前で歌うのが苦手で、話すのも駄目なタイプだったんですが、父がサックスプレイヤーであり、おじいちゃんもトランぺッターだったので、音楽を継いでいかなきゃいけない使命があるって勝手に思い込んで生きてきました。だけど、引っ込み思案な自分がいました。歌うきっかけになったのは高校生の時に文化祭でやったミュージカルなんですけど、そのミュージカルに出ることになるまで、自分を表現するのには、すごく長い時間がかかりました。小学生の時なんかは、ドアか岩か木の役だったんですよ。でもそういう自分じゃ音楽を継いでいけないなって思って。小学6年生の時にやった演目のヒロインが「あや」っていう名前だったんです。「あや」は「あーや(平原さん)」がやらなきゃいけないんだよって自分に言い聞かせて、オーディションを受けてなんとか受かって、それから少しずつ班長をやってみたり、委員長になってみたり、高校生になって生徒会長をやってみたり…。それで、高校生の時はサックス専攻で学校に通っていたんですが、3つ上のお姉ちゃんがミュージカルを文化祭でやってたから私もやってみよう、と思ったりとか。そうやって色々な自分にわざと使命をつくって、なんとか自分を開拓していったって感じです。だからいつ頃から歌手になろうと思ってたかというと、もしかしたら小さい頃からサックスも吹きたいし、歌も歌いたいっていう想いがあったのかもしれないですね。

──平原さんにとって「音楽」は、どのような存在ですか?

平原:音楽がなかったらちょっと楽しくないなって思います。生きていけないことはないと思います。それは音楽家の人だけじゃなくて、音楽を聞く専門の人たちもそうで。だから音楽ってとても不思議な存在だと思います。人を元気にさせたり、勇気を持ってもらえたりそういう不思議なパワーを持っているものだからこそ、自分も好きでやっているのかなと思います。私にとっては、“なくてはならない存在”とも言えるので、不思議な関係ですね。音楽の調子・声の調子が良ければどんなに身体が疲れていてもハッピーに過ごせるので、そういう意味では私にとっての生きがいというか、そういうものになると思います。

──最後に、今回のTVCMをご覧の皆さんへメッセージをお願いします。

平原:オー人事のCMをご覧の皆さん、平原綾香です。今回初めてこのCMに出演させていただきました。本当にありがとうございました。オー人事の元々のクラシックの有名なメロディに、そして有名なあのCMに出演させていただくだけじゃなくて、歌まで歌わせていただいてすごく楽しかったです。

そして仕事や色々なところで迷って悩んでいる人たちにメッセージということなんですけど、どんな仕事にも楽しさと苦しみがあります。でもいつも思うのは、その大変さの中に必ず楽しい部分が絶対にあると思っています。その楽しい部分っていうのは自分が楽しむというよりは、誰かが幸せになったり誰かが喜んでくれたりする姿を想像できたときに初めて仕事ができるんだと思います。なので、是非お仕事をするときに人が喜ぶことや笑顔を思い浮かべながら仕事してもらえたら、本当のプロの仕事ができると思います。どうか頑張ってください!私も頑張ります。これからもオー人事を宜しくお願い致します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング