ローランド、ゲロルタワーで菊地亜美の“妊娠”を祝福!

Entame Plex / 2020年3月6日 10時55分

写真

ローランド、ゲロルタワーで菊地亜美の“妊娠”を祝福!

3月5日、都内にて開催された「ゲロルシュタイナー リニューアル発売記念・新CM発表会」に、本CMのイメージキャラクターを務めるローランドと、タレントの菊地亜美が出席した。

ローランドは、ゲロルシュタイナーのパッケージをイメージした青色のタキシード風衣装で登場。今回のコーディネートについて、「普段は黒のものを着て人前に出ることが多いのですが、今回はゲロルシュタイナーのパッケージをイメージしてあまり皆様に披露したことのない青色を着てみました」と語った。



ゲロルシュタイナー新CMの撮影エピソードについて、ローランドは「ナイトワークの出身ということもあり、あまり日中に行動しないですし、太陽があまり似合わないねと多く言われるのですが、そういった意味では時間帯的にもCMのコンセプトとしても普段あまり見せることのないローランドを見せられたのかなと思います。あとは撮影も結構大変で。共演したのが女の子のワンちゃんだったのですが、女性に対しては結構自信があるというか言うことを聞いていただけることが多いので今回も大丈夫かなと思っていたら、まさかの全然言うことを聞いてくれなくて!僕が走るじゃないですか、全然ついてきてくれないんですよ。なので、あれは奇跡のカットじゃないですけど。ワンちゃんは難しかったですね…」と振り返る。

CM内に登場する「こう見えて、超硬派。」というキーワードにちなんで、自身の硬派なエピソードについて尋ねられると、ローランドは「こう見えてっていうのも失礼なぐらい硬派ですね。例えば、今僕が履いているパンツはずっとユニクロのものを愛用していて。世間から注目して頂けたりとか経営者になって収入が増えたりして、こうなると色々な物事の選択肢って増えるじゃないですか。やっぱりこれが一番落ち着くな、というところでこれを愛用しているので。これは一個の例ですけど、基本的に僕は1つのものを大事にするのが好きで、いつも着用するものとかを含めて1個のものをずっと大事にするタイプなんですよ。あまり自分で言いすぎると嘘くさくなっちゃうんですけど、カテゴライズするとしたらかなり硬派な方なんじゃないかなと思います」と答えた。



そして、ローランドに話を聞きたいというゲストとして、菊地が登場。妊娠を発表したばかりの彼女に対し、ローランドは、「妊娠おめでとうございます」とお祝いの言葉をかけた。今回、話を聞きたかった理由について菊地は「ローランドさんって元々夜の世界の方じゃないですか。さっきCMを初めて拝見して、夜の世界の方がこんなに朝がスッキリ爽やかで似合うってすごいなと思って。最近お仕事もお忙しいと思いますし、良い仕事ばっかりやってるじゃないですか。なのに、お肌も綺麗でずっと自分を持っているというか。毎日欠かせないこととか、ルーティン的なことがあるのかと思って、お聞きしたいですね」とコメント。

それに対しローランドさんは「まずは、寝てる時って汗かいたりとか結構水分を気付かないうちに出してしまっているので、そういったところで寝起きにゲロルシュタイナーを1杯飲んで、っていうところが1日のスタートになりますね。僕結構人の夢にも登場するので。よく夢に出てきましたって言われるので、寝てる間も動いてるんです。あとは、男女問わずだと思うのですが、トレーニングは生活を豊かにする一個の方法だと思います。毎日ハードにやっている中でトレーニングをしていると、何目指しているのって言われるんですけど、やっぱり俺はね、『俺が目指すんじゃなくて、皆が俺を目指すんだ』というところでね。皆にはトレーニングをルーティンの1つとして組み込んでほしいなと思います」と得意の名言を交えて答え、毎日を好循環にするための、ルーティンを伝授した。



続いて、現役ホストとしても活躍するローランドが、シャンパンタワーならぬゲロルタワーを披露。菊地は、ローランドに注がれたゲロルシュタイナーを飲んだ感想について「美味しい!私結構炭酸水を飲むことが多くて、水で超硬水だと結構飲みにくいイメージがあったのですが、すっごいスッキリして飲みやすいですね」と話した。

さらに、ローランドはゲロルシュタイナーの魅力について「日本人って硬水と合わないって方が多いと思うのですが、これはスッキリ飲みやすいので、毎朝起きたときにでも。たぶんシャンパンタワーはどこにでもあると思うので。皆どこに置いてるか分からないのですが、僕はリビングに置いてあるので。注いで飲んでもらえたらいいかなと思います」と話し、笑いを誘った。

また、ローランドさんは「基本的には熱しにくく冷めにくいタイプなので、「これ」っていうものを見つけるってあまりないんですけど、「これ」っていうのが見つかれば、それこそサッカーだったら11年やってましたしホスト業界っていうのも10年以上。やっぱりこう1個のことを決めると盲目になってしまうので、最近というか自分が生まれながらにしてそういう性格だったのかなって思います。燃えそうなものはねえ、なかなか…。僕今27歳で、周りが結婚したりとかしてるので、結婚するっていうことは一途に『この子だけが』となったから結婚するわけじゃないですか。今までそういう経験がないんですよ。そういう恋愛だったり結婚に関しては、前よりは興味は出てきたかなって言うのはありますね」とコメント。

「結婚」に対してのローランド語録を聞かれ、「月が綺麗なのって誰のものでもないからじゃないですか。だから誰のものにもならないように、ファンの為にっていうのもありますし、今しばらくはこれでいいかなっていう」と答えた。



一方、超硬派なエピソードについて菊地が「惚気になっちゃうのですが、やっぱり旦那さんかな。私月とか見てないですもん。旦那さんばっかり見ちゃって。今結婚3年目なのですが、それって新婚生活の時だけだよって言われてたんですけど、全然変わらずどんどん好きが増してって、今が一番仲良くてラブラブなんですよね」と幸せいっぱいに語っていた。

ローランドが出演するゲロルシュタイナーの新CM「風呂上がり篇」「掃除篇」「料理篇」「海辺のランニング篇」の全4本が、3月6日よりWeb上で配信開始となっているので、ぜひチェックを。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング