内田真礼、新曲に込めた思い「決められた道ではなく…」

Entame Plex / 2020年3月19日 22時20分

写真

内田真礼、新曲に込めた思い「決められた道ではなく…」

3月18日、AbemaTVのアニメLIVEチャンネルにて『声優と夜あそび【水:下野紘×内田真礼】#48』が放送された。

本放送では、この日発売となった内田の新曲『ノーシナリオ』にちなんだコーナーを実施。
「アーティストインタビュー(※マジのやつ)」と題して、内田に新曲に込めた思いや制作の裏側に
ついて語ってもらった。

まず「「ノーシナリオ」はどんな曲?」という質問に対して、内田は「私が今までファンの皆さんと
一緒に歩んできた道を思い出すような一曲になっています」「カップリングと合わせて太陽と星のようなイメージになっています。私は太陽としても、星としても活動してきたと思っているので、その思いが詰まったCDになったかな」と答えた。また、「タイトルに込められた意味は?」という質問には「まだ未完成、まだ次がある。どんな道を歩んできても“ノーシナリオ”。決められた道ではなく自分で選び取ってきた道だという思いが込められています」と、タイトルに込めた思いを語った。

さらに「こだわりのポイント」として「この曲は時間をかけて、ハモりも全部自分で入れました。耳を澄ませると内田真礼の音しか入っていないんです」と話す内田。MV撮影裏話としては、「雪が降ってて、超寒い日だったんです!」と極寒の中の撮影になったものの、「雪のおかげで傘を使うことが決まって、色が映えることになった」と予想外の天候がカラフルなミュージックビデオへとつながった、まさに“ノーシナリオ”な出来事を明かした。

放送内では、ほかにも「結末は「ノーシナリオ」鬼うまグルメリベンジ!」と題してこれまでの放送の内容に関するクイズに2人で挑戦。見事に3問をクリアし、一粒一万円のイチゴに舌鼓を打った。

©AbemaTV

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング