平愛梨がどん底30女を熱演! 現代のシンデレラ物語『摂氏100℃の微熱』の公開日決定

Entame Plex / 2014年10月13日 9時43分

写真

平愛梨がどん底30女を熱演! 現代のシンデレラ物語『摂氏100℃の微熱』の公開日決定

第6回沖縄国際映画祭に出品・上映され、10月16日から19日まで開催される京都国際映画祭出品作品『摂氏100℃の微熱』の公開日が2015年1月24日(土)に決定した。本作は、「E★エブリスタ電子書籍大賞2013」の受賞作・野咲あや氏の小説を映画化。瀬戸内海に浮かぶ自然に満ちた美しい島・淡路島と神戸を舞台に、失意のどん底にいる30女が、名家の御曹司と格差を乗り越え互いに惹かれあい純愛に落ちるヒューマンラブストーリー。

阪神淡路大震災を実際に経験した兵庫県出身の平愛梨が、19年前の震災で負った深い心の傷を抱える結婚適齢期の千波役を熱演、そして由緒正しい名家の御曹司を劇団EXILEの青柳翔が好演している。そのほかキャストには、遠藤要、ちすん、上野なつひ、松田洋昌、川畑泰史、宮田圭子 、里見まさとなどが名を連ねている。

映画『摂氏100℃の微熱』は、2015年1月24日(土)より全国順次公開。

©2014「摂氏100℃の微熱」製作委員会

Entame Plex

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング