何回舞台にあがっても~スベらない♪ あたりまえ体操:COWCOWが大人から子どもまでウケるその秘密

Entame Plex / 2014年11月4日 12時17分

写真

何回舞台にあがっても~スベらない♪ あたりまえ体操:COWCOWが大人から子どもまでウケるその秘密

「知ってる! “あたりまえたいそう~♪”の人たち!」。いやいや、よしもとのお笑いコンビ・COWCOW(カウカウ)の実力はそんなものじゃない。漫才からコントまで、安定したネタでよしもとの劇場では“すべり知らず”と言われる彼らの魅力は舞台でこそ発揮される。じっくりと構成が練られたライブは、ふだんテレビでしかその姿を見たことのない人たちにぜひオススメだ。ニヤニヤと顔を合わせて生み出されるシュールな間や独特の人物設定など、そのおもしろさにきっと驚かされるはず。今は大人から子どもまで幅広い人気を誇るものの、東京に進出して認知度が低い時期に「なんでオマエらが売れへんねん」と、先輩芸人が首をかしげていたほどの実力はダテじゃない。

そんな彼らの単独ライブDVDも今回で7作目。11月5日(水)に発売されるこのDVDは2014年の東京・大阪全6公演のコントと漫才がいつでも体感できる内容になっている。今回は芸歴20周年を迎えることになったCOWCOWに作品のこと、彼らのお笑いの美学について、そしてこれからのことを聞いてみた。最後にはちょっとしたサプライズも!?



——今回のDVD『COWCOW CONTE LIVE 7』のみどころを改めてお聞かせください。
多田健二(以下、多田)「今までは僕ら2人だけで舞台をやっていたんですけど、今回はダンサーを起用したりとエンターテインメント性の強いものにして、より多くの皆さんに楽しんでもらえる内容になっているんじゃないかと思います」

善し「バラエティに富んだつくりになっているかな、と。『あたりまえ体操』もそうでしたけど、今後どんなかたちでメディアに取りあげられるんだろう、と楽しみなものがそろいましたよね」

——具体的にもう取りあげられている作品もあるのでしょうか?
善し「収録されている『漢字-1グランプリ』や『凸凹(デコボコ)』の歌がBSのNHKで出ることが決まっています。最近、お笑いのネタのみを取り扱っているTV番組も少ないんですよ。でね、このジャンルのコンテンツが取りあげるのかという(笑)。バラエティに富むことを心がけてきたからこその、そんな展開が面白いですね」



——今回収録されている11作品のなかで、お気に入りはありますか?
多田 「ひとつを選ぶのは難しいですが……ウチの子どもなんかは、立てこもっている犯人に説得をしながらケータイで彼女や合コンの予定をやりとりする『LINE刑事』が好きみたいですね。3歳なんですけど、会話の途中のスタンプがツボにハマるらしくて。内容までわかってたらイヤですけどね」

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング