女性目線の「クールジャパン」、三越伊勢丹が来年2月NYにポップアップストア開設

FASHION HEADLINE / 2013年12月2日 21時30分

写真

「NIPPONISTA」の女性チームと大西洋・三越伊勢丹HD代表取締役社長執行役員

2日、三越伊勢丹HDはニューヨークに日本の旬と厳選された日本の素材と技術を提供するポップアップショップ「NIPPONISTA(ニッポニスタ)」を来年2月6日から13日の1週間、出店すると発表した。

本プロジェクトは経済産業省による平成25年度クールジャパン戦略推進事業の一つに採択されており、まだビジネスモデルとして成熟していない日本のブランドやアーティストをその技術とともに紹介し、グローバルマーケット進出へのサポートを目的としている。

そのためファッションのプレゼンテーションとして有効なニューヨークファッションウィーク開催期間に合わせ開催。開催前日の5日にはパーティーを開催し、単に商品の販売だけではなくNYのショールームのオーナー、セレクトショップのバイヤーなどとのマッチングと、将来的なビジネス発展へのアプローチを図る。

今回紹介されるブランド、アーティストは約45コンテンツに及び、「ファッション&アート」では「ジャパンラグジュアリー」のテーマのもと、アンリアレイジ、ファセッタズム、ミントデザイン、ソマルタ、シアタープロダクツ、ヨーコチャンなどの若手デザイナーとともに、山本寛斎、ヨウジヤマモトなど、日本を代表するデザイナーも紹介。来年4月のジャパンセンシズで初のお披露目となる「あおもり藍」の製品も、日本のデザイナーとのコラボレーションが先行して海を渡る。

また「フード&デザイン」では「ジャパンスタイル」をテーマに、能作の錫製品、OGATAの家具、伊那食品工業、永井酒造、神宗グロッサリーなどの食品も展開される。

「(今回のプロジェクトは)弊社が以前から手がけているジャパンセンシズを海外で紹介するという目的もあるが、初の女性社員を中心とした大型プロジェクトという意味も大きい。間違いなく感性は女性の方がすぐれており、その力を企業としていかに活用し、新しいものを女性が取り組んでいくことが重要」と大西洋・三越伊勢丹HD代表取締役社長は話しており、ブランドや商品の選定、出店交渉まで、すべて若手女性社員が取り組んでいる。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング