【ニューヨークLINE】ニッポニスタ始動!日本の良いものと良い人を世界に伝えるプロジェクト

FASHION HEADLINE / 2014年2月5日 23時0分

設営真っ最中。中央のディスプレイもこけしモチーフ

めずらしく東京にも雪がちらついた2月3日の月曜日。日本から飛び立った三越伊勢丹ニッポニスタメンバーがポップアップショップの会場となるニューヨークに到着しました。

この「ニッポニスタ(NIPPONISTA)」とは、三越伊勢丹が日本の良いもの、良い人を世界に紹介し、グローバルマーケットへの進出をサポートすることを企図したプロジェクト。ニューヨークファッションウィーク期間(2月6日から13日)にニューヨーク、ソーホーで、海を越えて世界の人々に届けたい日本のクリエーションやデザイナー、アーティストを伝えるポップアップショップをオープンします。ファッション、アート、フード、デザインの分野から、三越伊勢丹の女性8名がセレクトしました。

FASHION HEADLINEでは、現地滞在中のニッポニスタチームからLINEで届く奮闘記を綴っていきます。

4日現在、現地で5日夜に行われるレセプションに向けて、目下設営中のニッポニスタチーム。段ボールに囲まれ、マスクをつけて準備をする姿はどこの国でも共通ですが…間違いなく、そこはニューヨーク!どうやら、ディスプレイには「こけし」モチーフがたくさん登場するようです。

ニューヨークからのレポートが続々と届いてますので、続きはまた次回!

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング