1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

パリの新たな美術館「ブルス ドゥ コメルス」って知ってる? 安藤忠雄による内装にも注目【From cities 世界の都市に憧れて vol.11】

FASHION HEADLINE / 2021年7月26日 20時0分

連載【From cities 世界の都市に憧れて】では、パリ、ミラノ、NY etc...世界の都市の街のこと、注目アドレスやリアルなシティスナップなど、現地からの最旬情報をお届け! 近い未来、また気兼ねなく海外へ行き来できるようになったら行ってみたい、暫くは、そんな気持ちも込めてお送りしていきます。

第11回目は、今年の5月末、フランス・パリにオープンした現代美術館「ブルス ドゥ コメルス」にフォーカス。施設概要からファーストエキシビションの内容まで、注目ポイントをご紹介。早速チェックして。


パリの新アートスポット「ブルス ドゥ コメルス」とは?

2021年5月22日、ルーブル美術館とポンピドゥーセンターの中間に位置する、レアール地区にオープンした「ブルス・ドゥ・コメルス」。

ルーブル美術館に、オルセー美術館。誰もが知るアートミュージアムのあるパリの街に、今年、新たなアートスポット「ブルス・ドゥ・コメルス(BOURSE DE COMMERCE)」が誕生。コロナ禍の影響により、当初のオープン予定から約1年延期となっていただけに、待望の開館日には、世界各国のアートファンが歓喜したことは言うまでもない。

同施設は、ケリング(KERING)の創業者である、フランソワ ピノーによる現代美術館で、彼が1960年以降、長きに渡り収集した約3,500点(その額なんと、総額12.5億ユーロ……! )のプライベートコレクションから選りすぐりの作品が展示されている。




一歩足を踏み入れたら始まる、アートな空間体験。
安藤忠雄によって、新たな息吹がもたらされた18世紀の建築


収蔵作品はもちろん、建物自体にも注目が集まっている。本美術館の開館に伴い、建築家の安藤忠雄によって改装工事が行われたこの建物。元々は、18世紀に穀物の取引所として使用されていた場所で、近年も美術館計画の前までは、ファッション関係の展示会やイベント会場などとして度々使用されていた。


改装にあたり、安藤は、元の18世紀の円形の建物をきっちりと残し、その内側にコンクリートの新たなスペースを創り出した。その造形に採用されている円形には“未来”、円には“希望”の意味が込められているのだそう。

美術館として生まれ変わったこの建物には、10ヶ所の展示室の他、地下にオーディトリアム(講堂)、最上階には、ミッシェル&セバスチャン ブラスの「ラ アール オ グラン(※)」レストランが入っている。アート展だけでなく、講堂で開催されるであろうイベントや食事なども、この特別な空間体験と共に楽しみたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング