1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

バーバリーが2021年のランドスケープキャンペーンを発表。TBモノグラムが4つの自然の景観と組み合わされて展開

FASHION HEADLINE / 2021年8月30日 19時0分


バーバリーは、現在発売中のTBサマーモノグラム コレクションのセカンドキャンペーンとして、ランドスケープキャンペーンを発表しました。無限の冒険のストーリーを描き、夏からインスパイアされた今シーズンの新しいカラーで彩ったブランドアイコン、トーマス・バーバリー モノグラムが、自然の景観と組み合わされて展開されます。

キャンペーンでは、ブランドの長きにわたる探検の伝統を再解釈し、発見の旅の中で、自然とテクノロジーを融合させました。トーマス・バーバリー モノグラムが4つの世界の景観に溶け込むさまは、それぞれ個性的で、息を呑むほどの美しさを湛えます。

TBサマーモノグラム コレクションは、ブランド創業者のトーマス・バーバリーへのオマージュを称して、リカルド・ティッシがデザインした、TBのイニシャルが大胆に連なるトーマス・バーバリー モノグラムをフィーチャーしたコレクションです。2021年のファーストキャンペーンでは、ナオミ・キャンベルを起用。トーマス・バーバリー モノグラムコレクションがローンチされた2019年にはジジ・ハディッド、2020年にはケンダルを起用したキャンペーンを発表しました。

3度目となる今シーズンは、夏からインスパイアされたコバルトブルー、ディープロイヤルブルー、ミッドグレーの新しいカラーで展開。コレクションは、ウィメンズウエア、メンズウエア、ユニセックスアイテムとして、ナイロンコートやジャケット、シルクのセットアップやドレス、スイムウエア、ボディスーツ、レギンス、コットンフーディ、Tシャツ、バッグなど、軽量で夏らしいアイテムを取りそろえます。


Rock sculptures
著名なランド・アーティストであるジョン・フォアマンにより、イギリスの南ウェールズに位置するニューゲイル ビーチの広大な砂浜の上に、トーマス・バーバリー モノグラムのロックスカルプチャーが出現。海岸をキャンバスに、自然の資材をそのまま利用し、新しいTBサマーモノグラムの色調が表現されました。

「自然が用意してくれた材料をそのまま使用することによって、ランドスケープに敬意を払っています。私たちが用意したものは何もありません。そこにあるものだけを使って製作しました」
ジョン・フォアマン、ランド・アーティスト


Kite surfing
中国、海南省の博鰲鎮から万寧に渡り、壮観な地平線を背景に、TBサマーモノグラムがプリントされたカイトを装着したサーファーが空と波の間を遊覧しました。サマースポーツの自由な精神が、自然の力によってさらに高められています。
「現在の私の生活は基本的に、海の上にいるか、海の近くにいて風を待っているかのどちらかです。街でのプレッシャーを捨てて海に飛び込み、自然と一体化しています」
ワン・リージェ、カイトサーファー


Drone performance
アメリカのコロラド州、テイラーパーク貯水池の上空にて、ドローンのライトによって作られた巨大な”TB”モチーフが夜空に浮かびました。自然の蛍を彷彿としつつ、最新技術によって作り上げられています。TBサマーモノグラムコレクションの新しい3つのカラーがグラデーションで変化します。
「空を見上げて物思いに耽るとき、誰もが意識の根底で共感できるものがあります」
グラハム・ヒル、ドローンショープロデューサー


Paramotors
中国青海省にあるチャカ塩湖からウステにかけて、自然の絶景と大胆なコントラストをなすTBサマーモノグラムの帆をつけたパラモーターが、どこまでも続く唯一無二のパノラマを横断しました。
「この場所は、飛んでいると心がとても解放される特別な場所です。もしあなたが問題や心配事を抱えていたとしても、空の中にいるとそのことを忘れて、心から楽しむことができるはずです」
ゾン・ロンルー, パラモーターパイロット


バーバリー公式サイト
Burberry.com
LINE @burberry_jp
Instagram @Burberry
Twitter @Burberry_Japan
Facebook @BurberryJP



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング