沖縄でジュゴン死亡のニュース 鳩山由紀夫元首相が「 辺野古の埋め立てで遂に死んでしまいました 」とツイートし反響

ガジェット通信 / 2019年3月20日 14時15分

3月18日、ある『Twitter』ユーザーが今帰仁漁港でジュゴンが死んでいるとツイートし画像をアップした。ツイートは反響を呼び拡散される。その後、専門家により天然記念物のジュゴンと確認されたとのことである。

ジュゴン死亡のニュースが大きく報じられる中、3月20日に鳩山由紀夫元首相は『Twitter』にて

天然記念物で絶滅危惧種のジュゴンが死んでしまいました。先日、鳥羽の水族館で食欲旺盛なジュゴンを見たばかりでした。その時、辺野古には餌がなくなっているのではないかと心配したのです。辺野古の埋め立てで遂に死んでしまいました。人間のエゴで生き物を殺すのは止めにしようではありませんか

とツイート、水族館と思しき場所でのジュゴンの動画もアップした。

鳩山元首相のツイートは反響を呼び、賛同の声もある一方で、

「今帰仁漁港は辺野古の反対側なので、関係は薄いのではないか」

といったような疑問の声も多数寄せられていたようだ。

また、

「そもそも辺野古の最終決定をしたのはあなたではないか」

という声もあり、「辺野古移設閣議決定」という見出しの朝日新聞記事を貼って返信する人もいたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング