Googleの7インチタブレット『Nexus 7』発表会レポート 10月2日からの店頭販売や新サービス『Google Play ブックス』を発表

ガジェット通信 / 2012年9月25日 20時0分

Googleの7インチタブレット『Nexus 7』発表会レポート 10月2日からの店頭販売や新サービス『Google Play ブックス』を発表

Googleは9月25日、新製品・新サービス記者発表会を開催。既に今日の午前中にウェブ上で発売になった、Android 4.1“Jelly Bean”搭載の7インチタブレット『Nexus 7』と、コンテンツ配信サービス『Google Play』の新サービス『Google Play ブックス』などを発表しました。

※記事には多数の画像を使用しています。すべての画像が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

Google会長のエリック・シュミット氏が登壇

発表会の冒頭には、Google会長のエリック・シュミット氏が登壇。『Nexus 7』の日本市場への展開に向けた同社の意気込みを感じさせます。同氏は日本市場で、Androidスマートフォンのユーザーの82%が1日に1回インターネットに接続していること、75%のユーザーがストアでの購入経験があることなどを挙げ、モバイルとユーザーの経験が結びついたクラウドベースのショッピングが、今後日本市場の成長要因になると分析。同社が提供するクラウドサービスの事例を挙げつつ、『Google Play』を通じて提供したコンテンツの利用に向けた端末として『Nexus 7』を紹介します。

スペック

製品紹介には、Android製品のマネージメント・ディレクターであるヒューゴ・バラ氏が登壇します。まずスペック。1280×800ドットのHDディスプレー、CPUにクアッドコアのTegra 3、インカメラを搭載。Wi-Fi、Bluetooth、NFCの通信に対応します。HDビデオを9時間再生できる4325mAhのバッテリーを搭載し、重量は340g。海外では8GBモデルと16GBモデルの2種類をラインアップしていましたが、日本向けには16GBモデルのみとなります。

Gmail

続いて対応アプリの紹介へ。『Gmail』は2カラムの表示に対応し、スワイプ操作でメッセージ間を移動できます。

Chrome

デフォルトブラウザは『Chrome』を搭載。タブの間をスワイプで移動する操作が可能になっています。

音声検索

音声検索では、画像検索で「夕焼けのスカイツリー」「ハリネズミの赤ちゃんの写真」の検索を実行したほか、「長者ヶ浜潮騒はまなす公園前」と複雑な日本語への対応もアピール。音声入力はオンボードの機能として搭載し、オフラインでも利用できるようになっています。

Google Now

カレンダーや位置情報などからユーザーが必要な情報を予測して提示する、Android 4.1から搭載されたパーソナルアシスタント機能『Google Now』も実演。

Googleマップ

『Googleマップ』では、店舗内のパノラマ写真を『ストリートビュー』のように表示する機能を紹介しました。

YouTube

『YouTube』はチャンネルへの対応を強化し、チャンネルフィードの登録や閲覧にインタフェースが最適化されています。

『Google Play ムービー』を紹介

映画を再生

続いてデモは『Google Play』のコンテンツ配信サービス紹介へ。映像コンテンツを配信する『Google Play ムービー』は、スマートフォンやタブレット、パソコンでストリーミングやダウンロードによる視聴が可能。9月25日からレンタルに加えて、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントとパラマウントの映画を購入できるようになったことが発表されました。

『Google Play ブックス』の開始を発表

日本語の縦書き表示に対応

漫画もあります

続いて発表されたのが、25日からサービスを開始した電子書籍サービス『Google Play ブックス』。スマートフォン、タブレット、パソコンの間でページが同期でき、読んでいた途中から別のデバイスで続きを読むことが可能。日本語の縦書き表示にも対応し、小説や漫画の閲覧を実演しました。

スクウェア・エニックスの『ケイオスリング』

セガの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ4』

『Google Play ストア』で提供するゲームも紹介。Tegra 3がパフォーマンスを発揮するコンテンツとして、スクウェア・エニックスの『ケイオスリング』、セガの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ4』が実演されました。

10月2日から店頭販売も開始

『Nexus 7』は『Google Play』で1万9800円で25日から販売を開始。『Google Play』から購入すると、2000円分のコンテンツが購入できるクレジットが提供されることが案内されました。10月2日には店頭販売も開始。ベスト電器、ビックカメラ、エディオン、上新電機、ケーズデンキ、コジマ、ヨドバシカメラで販売されることも発表されました。

ディスプレー面

背面

発表会終了後、タッチ&トライコーナーへ。340gと軽量で7インチサイズの本体は、片手でも持てる軽さ。背面はマットな仕上げで滑りにくく、落とす心配はなさそうです。国内で工事設計認証を受けたことを示す技適マークは、背面の下部にラベルで貼るそうですが、展示用のデモ機でははがしてあったとのこと。

本体下部のインタフェース

インタフェースはヘッドホンジャックとmicroUSBのみとシンプル。SDカードには対応していません。外部ストレージによる容量の拡張ができないので、16GBのモデルが2万円を切る価格で提供されるなら満足度は高いのではないでしょうか。

専用アクセサリーがズラリ

会場には保護フィルムや背面カバーなど国内メーカーのアクセサリー製品もズラリと展示されていました。日本での発売に向けて各メーカーが着々と準備していたことが分かりますね。

『Nexus 7』主な仕様

OS:Android 4.1

プロセッサー:1.3GHz NVIDIA Tegra 3モバイルプロセッサ

メインメモリー:1GB

ディスプレー:7型ワイドTFTカラータッチスクリーン IPS液晶 1280×800ドット

eMMCメモリー:16GB

無線LAN:IEEE802.11b/g/n

Bluetooth:3.0+EDR

カメラ:120万画素インカメラ

センサ:GPS、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、ジャイロスコープ、NFC、磁気センサ

インタフェース:ヘッドホンジャック、microUSB

バッテリー容量:4325mAh

本体サイズ:W198.5×D120×H10.45mm

本体重量:約340g

Nexus 7(Google Play)

https://play.google.com/store/devices/details?id=nexus_7_16gb



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング