JALが「ladies and gentlemen」の英語アナウンスを廃止 →海外SNS「日本がこういうスタンス取るなんて驚き」「東京オリンピックではどうなるんだろうね」

ガジェット通信 / 2020年10月1日 16時0分

9月18日、日本航空株式会社(JAL)は、空港や機内で放送していた英語アナウンスから「ladies and gentlemen(レディース・アンド・ジェントルメン)」という文言の使用を廃止もしくは変更することを発表しました。2020年10月以降から実施されるとのことです。

https://twitter.com/nytimes/status/1310887309957640193

https://twitter.com/BBCWorld/status/1310824757231865856

「ladies and gentlemen」に代わり、性別に中立的な文言である「all passengers(オール・パッセンジャーズ)」や「everyone(エブリワン)」といった文言が適用されるとのこと。ロンドンやニューヨークの地下鉄ではすでに「ladies and gentlemen」の使用は廃止されています。

このニュースを報じた海外メディアのSNSなどでは次のような声が聞かれました。

・日本語なら“皆様”だから、英語では“everyone”でいいんじゃないの

・申し訳ないけど日本の航空会社は利用しないな

・日本が西側先進国の圧力に屈したってこと

・ニューヨークの地下鉄はとっくにやってるわよね

・どっちが差別的なの? レディース? それともジェントルメン?

・表現の自由の危機

・世界平和への第一歩だ

・「ladies and gentlemen」が性差別だってのが理解に苦しむ

・西側世界は狂気に満ちてるな

・日本がこういうスタンス取るなんて驚き

・東京オリンピックではどうなるんだろうね

・これが2020年の世界

・「ladies and gentlemen」に該当する日本語の表現はないんだよ

・日本じゃ会社で女性がメガネかけちゃいけないんじゃなかったっけ

・「もうJALには乗らない」とかツイートしてる人が多いけど、ギャグなの?

・日本は一体いつ目を覚ましたんだ?

・社会的前進

※画像:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000264.000030684.html

※ソース:

https://press.jal.co.jp/ja/release/202009/005775.html

(執筆者: 6PAC)

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング