一辺わずか0.99cm! 超ちっちゃい「極小ルービックキューブ-0.99cm 超精密金属性-」は実際に回して遊べるルービックキューブ

ガジェット通信 / 2020年10月4日 9時0分

メガハウスは9月23日、“世界最小のルービックキューブ”である「極小ルービックキューブ-0.99cm 超精密金属性-」を発表。同日から予約受付を開始し、12月下旬に出荷を予定しています。

エルノー・ルービック氏が開発した立体パズルが世界展開されて40周年を迎えたルービックキューブ。40周年を記念して開発された極小ルービックキューブは、ルービック氏の故郷であるハンガリーの駐日ハンガリー大使館とメガハウスがハンガリー文化センターで開催中の展示会「ルービックキューブ40周年展」でお披露目されています。

一辺が0.99cmという極小サイズながら、アルミニウム素材でルービックキューブの構造をそのままに再現。重さは約2g。

金属精密加工を得意とする入曽精密が協力。立型3軸マシニングセンタに素材を固定する治具を作成して、素材を移動・固定しながら超精密加工を行う両手首型ロボット「ORIGAMI」を使って製作されています。展示会ではバラバラにしたパーツも展示されているので必見です。

実際に解けるのかどうか、ルービックキューブ世界大会 2011 片手部門チャンピオンの伏見有史氏に一面解いてみてもらいました。

https://vt.tiktok.com/ZSuWWkLh/

極小ルービックキューブは「メガハウスおもちゃマーケット」で11月9日(月)17時まで予約を受付中。価格は19万8000円(税込み・送料込み)です。

極小ルービックキューブ-0.99㎝超精密金属製- | MEGATREA SHOP

https://www.megatreshop.jp/products/item/493/

ルービックキューブ40周年展では極小ルービックキューブの他、ルービック氏の肖像画をルービックキューブのパーツで表現したモザイクアートや、現在展開しているルービックキューブがズラリと展示されています。

「ルービックキューブ40周年展」概要

会期:2020年9月24日(木)~11月9日(月) 10時~16時30分 土日祝休 入場無料

会場:ハンガリー文化センター(東京都港区麻布十番 3-8-1 日比谷麻布十番ビル1階)

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング