[Fリーグ]浜松が病気療養中の保田監督の退任を発表

ゲキサカ / 2014年7月31日 17時39分

[Fリーグ]浜松が病気療養中の保田監督の退任を発表

 Fリーグのアグレミーナ浜松は31日、病気療養中の保田健二朗監督が退任することを発表した。

 保田監督は、第4節終了後より病気療養に入り、渡辺義朗監督代行と和泉秀実コーチがチームの指揮を執っていた。クラブは「現段階では監督業という激務を以前と同様に全うすることは難しく、完全な体力回復を待って復帰を果たすには暫く時間がかかることから、クラブ側と保田監督及び医師との話し合いを重ねた結果、保田監督より退く申し出があり、クラブ側も了承するに至りました」と、経緯を伝えている。

 また、クラブは「保田監督自身、シーズン序盤での休養及び今回の退任について責任を非常に重く受け止めておりますが、クラブ側はこれまで保田監督が積み上げてくれた土台の功績に感謝の意を表します」との声明を発表している。

 今後も渡辺監督代行と和泉コーチの2人体制で指揮を執っていき、新監督については決定次第、あらためて発表するという。

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング