リバプールに逆転勝利のマンUが今季初タイトル! 香川は途中出場

ゲキサカ / 2014年8月5日 10時59分

リバプールに逆転勝利のマンUが今季初タイトル! 香川は途中出場

[8.4 ギネス・インターナショナル・チャレンジ杯 リバプール1-3マンチェスター・U]

 アメリカで開催されているギネス・インターナショナル・チャレンジ杯は4日に決勝を行い、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドとリバプールが対戦した。後半に3点を挙げたマンチェスター・Uが、3-1で逆転勝利を収めて、ルイス・ファン・ハール監督の下で初タイトルを獲得している。

 3-4-1-2の布陣で試合に臨んだユナイテッドは、2日のレアル・マドリー戦で1ゴールを挙げたメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスがFWウェイン・ルーニーと2トップを組み、トップ下にはスペイン代表MFフアン・マタを配置し、香川はベンチスタートとなった。

 試合を動かしたのは、リバプールだった。前半13分にPA内でドリブルを仕掛けたMFラヒーム・スターリングがDFフィル・ジョーンズに倒されてPKを獲得。これをMFスティーブン・ジェラードが決めて、リバプールが先制する。同24分にもリバプールは、MFコウチーニョが鋭いシュートを放ったが、GKダビド・デ・ヘアに阻まれて、追加点は挙げられない。その後は、両チームともに決定機がなく、前半を折り返した。

 後半の立ち上がりも、リバプールが主導権を握り、5分にはPA内でスルーパスを受けたスターリングがシュートを放ったが、DFにブロックされて、枠の左へ逸れている。その後もPA内でコウチーニョがパスを受けるなど、ユナイテッドゴールに迫ったリバプールだが、2点目を挙げられない。

 迎えた後半10分、ユナイテッドが同点ゴールを挙げる。右サイドからエルナンデスがクロスを上げると、PA内でマークを外したルーニーが、左足でダイレクトシュート。これが決まって、試合を振り出しに戻した。そのわずか2分後には、右サイドからのサイドチェンジを受けたMFルーク・ショーの折り返しを受けたマタが、左足でシュート。DFに当たったボールがGKの逆を突いてゴールに決まり、ユナイテッドが逆転した。

 マンチェスター・ユナイテッドは後半24分、エルナンデスとマタを下げて、香川とMFナニをピッチに送り出した。香川はトップ下に入り、後半34分には左サイドから速いクロスを入れるなど、好機をつくる。同43分には、右サイドからの折り返しが香川に入ったが、トラップミス。こぼれ球をつめていたMFジェシー・リンガードがゴールに突き刺し、3-1とリードを広げた。このまま試合は終了し、昨季無冠だったマンチェスター・ユナイテッドが、優勝に輝いた。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド
プレミアリーグ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング