ハメス・ロドリゲス夫人、マドリードでビーチバレー選手に?

ゲキサカ / 2014年8月14日 11時58分

ハメス・ロドリゲス夫人、マドリードでビーチバレー選手に?

 今夏にレアル・マドリーへ加入したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの妻であるダニエラ・オスピナさんがマドリードでビーチバレーの選手として、“現役復帰”する可能性が出てきた。

 ハメス・ロドリゲスを夫に、コロンビア代表GKダビド・オスピナ(アーセナル)を実兄にもつダニエラさんは、元プロのバレーボール選手。コロンビアのユース代表にも選出されたことがある。現在22歳のコロンビア代表MF夫人は、176cmの長身を活かし、バレーボール選手として活躍していた。しかし、昨年5月に長女であるサロメちゃんの出産を機に現役を引退している。

 スペイン『マルカ』によると、夫のR・マドリー移籍に伴い、スペイン入りしたダニエラさんへ、マドリード郊外のエントレビアスを本拠地としたビーチバレー2部リーグのクラブがオファーを出したという。クラブの社長であるフェリペ氏は、「彼女へ新たな場所を提供するため、入団を要請した」としている。

 昨年5月にインタビューを受けたダニエラさんは、「私は妊娠したときに、一度競技から離れなければいけなかったの。でも、コートへ戻って、私にとっての“普通の生活”を続けたいわ。引きこもっただけの、ただの母親にはなりたくないの」とコメントしており、現役復帰へは積極的な姿勢をみせている。

 また、スペイン『LA VOZ LIBRE』はダニエラさんが水着姿でバレーボールに取り組む写真を掲載。「彼女はまだ、バレーボールの練習をやめていない。マドリードのチームへ勧誘されたのであれば、再び競技への情熱を燃やすはずだ」と伝えている。ハメス・ロドリゲス夫人がマドリードでプロのビーチバレーボール選手としてプレーすることになれば、話題性は十分だ。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング