ベトナム遠征初戦は高木大輔の劇的弾で豪州に打ち勝つ

ゲキサカ / 2014年9月8日 15時24分

 ベトナムで開催されている「AFF NutiFood U19 Cup 2014」に参戦しているU-19日本代表は7日、U-19オーストラリア代表との初戦に臨み、4-3で勝利した。

 前半14分に先制点を奪われた日本だが、同44分にFW越智大和(産業能率大)のゴールで同点に追いつく。さらに2分後にはMF奥川雅也(京都U-18)がミドルシュートを突き刺し、前半のうちに試合をひっくり返した。

 後半に入っても一進一退の攻防は続く。6分にFKから同点弾を許した日本だが、同13分に奥川がこの日2点目を決めて再び勝ち越し。終了間際の45分にはPKを与えてしまい、再度同点とされるが、アディショナルタイム3分にDF高木大輔(東京V)がこぼれ球を押し込み、劇的勝利を飾った。9日にU-19ベトナム代表戦を控える日本だが、この結果で準決勝進出が決まっている。

 JFAによると、決勝点を奪った高木は「勝てたことがすべてだと思います」と胸をなでおろしたものの、「まだまだ課題はたくさんあるので残り3試合で改善していきたいです」と更なるレベルアップの重要性を説いている。

 同代表は今遠征のあと、10月にミャンマーで行われる15年U-20W杯アジア最終予選となるAFC U-19選手権ミャンマー2014に参戦する。

以下、出場メンバー
GK:吉丸絢梓
DF:高木大輔、内山裕貴、三浦弦太、坂井大将
MF:小川直毅(46分→杉本太郎)、大山啓輔(75分→井手口陽介)、安東輝、奥川雅也
FW:越智大和、金子翔太

[控え]
GK:中村航輔
DF:藤谷壮、進藤亮佑、茂木力也
MF:中野雅臣
FW:表原玄太、北川航也

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング