宮市が途中出場でデビュー!トゥエンテは今季初勝利

ゲキサカ / 2014年9月14日 5時19分

宮市が途中出場でデビュー!トゥエンテは今季初勝利

[9.13 エールディビジ第5節 トゥエンテ2-1ゴー・アヘッド・イーグルス]

 エールディビジは13日、第5節を行った、FW宮市亮の所属するトゥエンテはホームでゴー・アヘッド・イーグルスと対戦し、2-1で勝利した。

 宮市は今月1日にアーセナルから1年間のレンタル移籍でトゥエンテに加入。この試合ではベンチスタートとなったが、後半24分に大歓声に迎えられてピッチに入った。エールディビジでのプレーは、フェイエノールトに在籍していた11年5月15日のNEC戦以来、約3年4か月ぶりとなった。

 トゥエンテは前半4分にFWルク・カスタイノスのゴールで幸先よく先制したが、同22分にFWマルニクス・コルダーに同点ゴールを許した。それでも同31分、MFカイル・エベシリオのパスを受けたFWヘスス・コロナがドリブルで中央に切れ込んで勝ち越しゴール。2-1で前半を折り返した。

 後半3分には、コロナがPA内で倒されて、トゥエンテに追加点のチャンスが訪れたが、カスタイノスのPKはGKの好セーブに阻まれた。同24分には宮市を投入し、攻勢を強めるトゥエンテ。宮市が果敢にドリブルで仕掛け、ゴールへと迫ったが追加点を挙げられず、2-1のまま試合は終了。開幕から4試合引き分けが続いていたトゥエンテが今季初勝利を挙げた。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング