[アジア大会]決勝Tへ意気込むMF原川「ウチは勝てるチーム」

ゲキサカ / 2014年9月24日 21時55分

[アジア大会]決勝Tへ意気込むMF原川「ウチは勝てるチーム」

 U-21日本代表MF原川力はグループリーグ第2戦まで先発を務めながらも、決勝トーナメント進出を決めたGL第3戦ネパール戦ではベンチスタートとなった。しかし、本人はそれを意に介さない。

「短期決戦なのでチーム全員の力が問われますし、途中から試合に出たら自分にできることに集中しようとしていました。ベンチスタートだからどうこうというのは、特に考えませんでしたね」と語ったように、後半21分からピッチに立つとチームの勝利ためにピッチを走り続けた。この試合で左足首をねんざして翌日の練習は別メニューで調整していたが、「全然大丈夫です。もう余裕ですよ」と万全のコンディションであることをアピールしている。

 この日の練習ではプレースキッカーを務めており、試合でもキッカーを任される可能性は高い。そして本人は、決勝トーナメントに入ってからのセットプレーの重要性を語った。「やっぱり、決勝トーナメントに入ると一発勝負になるので、セットプレーはより重要になると思います。ただウチのチームには長身の選手がいるので、良いボールを蹴ったらしっかり合わせてくれると思う。だから、キッカーを務めることがあれば良いボールを送りたいですね」とセットプレーから得点を演出できればと考えている。

 負ければ終わりの決勝トーナメントに向けて、「ホンマに一発勝負になるんで。そこでチームの力は問われると思うし、ここから本物の勝負が始まると思っています」と話しつつ、「ただ、先のことを考えずに目の前のことに集中してできれば、ウチは勝てるチームだと思うので。日本らしさを出して勝ち上がっていきたい」と一歩ずつしっかりと階段を登り、アジアの頂点に向かうと力強く話した。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
第17回アジア競技大会特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング