先発起用に先制点で応えたFW渡邉千真「気持ちが表れていたゴール」

ゲキサカ / 2014年10月23日 2時18分

先発起用に先制点で応えたFW渡邉千真「気持ちが表れていたゴール」

[10.22 J1第29節 F東京 2-1 広島 味スタ]

 2試合連続の先発起用に、先制点という結果で応えた。前半25分、FC東京は左サイドからサンフレッチェ広島の守備を崩し、MF米本拓司がクロスを上げる。ニアサイドに走り込んだFWエドゥーを越えたボールは、ゴール正面で待っていたFW渡邉千真に届いた。

 前節の大宮戦、渡邉は6試合ぶりに先発出場した。しかし、結果を出せずにチームも連敗。それだけに、この日の試合に賭ける想いがあった。「個人的には今シーズン、全然点を取れていなかったし、チームに貢献出来ていなかった中で、前節はスタメンで使ってもらったのに結果も出せず、チームも負けてしまった。今日は個人的にも大事な試合だと分かっていたけど、あまり考えすぎるよりも、チームの連敗を止めることを考えていた」。

 そんな献身的な姿勢が通じたのかもしれない。広島DF塩谷司が「WBが引き出されて、自分が行くのか、アオくん(青山敏弘)が行くのか。一瞬、判断が遅れたところでやられた」と振り返った場面。ゴール前でフリーになっていた渡邉は、ヘディングでボールをゴールに押し込んだ。

「気持ちが表れていたゴールだと思います。頭で当てれば、あの近さなら入ると思った。エドゥーはあまりニアに突っ込むタイプではないけれど、ゴール中央からニアに動けば、自分がその後ろを狙える。そういうボールが来て、うまく合わせることができたかなと思います」

 先制点を挙げた渡邉を中心に歓喜の輪ができた。誰もが苦しい時期を過ごしていたことを知っていたのだろう。「点を取ったときに、みんなが集まってくれたのは嬉しかった」と目を細める渡邉は、「もっとそういう結果だったり、チームに貢献して、チームメイトに喜んでもらって、認めてもらいたい。まだまだ納得せずに、これを続けていけるようにしたいです」と、4試合ぶりの今季3点目に決意を新たにした。

(取材・文 河合拓)▼関連リンク
[J1]第29節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング