遠藤復帰弾などアギーレJが6発大勝!!乾、豊田も代表初ゴール

ゲキサカ / 2014年11月15日 15時30分

遠藤復帰弾などアギーレJが6発大勝!!乾、豊田も代表初ゴール

↓関連ニュース
[11.14 キリンチャレンジ杯 日本6-0ホンジュラス 豊田ス]

 日本代表は14日、キリンチャレンジ杯でホンジュラス代表と対戦し、6-0で大勝した。前半9分、ブラジルW杯以来の代表復帰となったMF遠藤保仁の左CKからDF吉田麻也が先制点を決めると、同41分にFW本田圭佑、同44分に遠藤が追加点。後半2分にFW乾貴士、同24分にはFW豊田陽平に代表初ゴールが生まれ、乾は後半29分にも2点目を決めてゴールラッシュを締めくくった。

 W杯以来の代表復帰となったDF内田篤人と遠藤、キャプテンに指名されたMF長谷部誠がそろってW杯後初出場となり、アギーレジャパン初先発。中盤はMF香川真司と遠藤がインサイドハーフ、長谷部がアンカーに入った。3トップは右から本田、FW岡崎慎司、FW武藤嘉紀。4バックは右から内田、吉田、DF森重真人、DF酒井高徳と並び、GK川島永嗣がゴールを守った。
[スタメン&布陣はコチラ]

 武藤を除く先発10人がブラジルW杯メンバーという構成になったアギーレジャパン。フォーメーションこそ4-3-3で異なるが、“W杯回帰”とも言えるスタメンで臨むと、前半9分、遠藤の左CKをニアでそらした岡崎のヘディングをGKが前に弾き、吉田が頭で押し込んだ。

 11年9月2日のW杯アジア3次予選・北朝鮮戦以来、約3年2か月ぶりとなる吉田の国際Aマッチ3得点目で先制すると、ベンチから飛び出してきたGK西川周作と“ゆりかごダンス”を披露。11日に第2子となる次女が誕生したばかりの西川を代表のチームメイトが祝福した。

 日本は前半20分に長谷部、同27分に本田がミドルシュートを狙うが、ゴールの枠を外れる。互いに遠めからのシュートが目立ち、膠着した展開となったが、前半終了間際の連続ゴールで一気に突き放した。

 前半41分、中盤のルーズボールを長谷部がカット。スライディングしながら蹴り出したボールが前線への絶妙なスルーパスとなり、本田がゴール前に抜け出した。GKとの1対1を冷静に左足で制し、追加点。本田の代表でのゴールはブラジルW杯グループリーグ初戦のコートジボワール戦以来、7試合ぶりで、アギーレジャパンでは初ゴールとなった。

 直後の前半42分には本田が右サイドからドリブルで中に切れ込み、背後を追い越した香川にラストパス。香川の左足シュートはわずかにゴール左へ外れたが、同44分に本田の横パスを遠藤が右足ダイレクトで振り抜き、豪快なミドルシュートをゴールネットに突き刺した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング