横浜FC新監督にスロベニア人のミロシュ・ルス氏が就任…17年前にJFL仙台を指揮

ゲキサカ / 2014年12月3日 18時26分

横浜FC新監督にスロベニア人のミロシュ・ルス氏が就任…17年前にJFL仙台を指揮

 横浜FCは3日、新監督にミロシュ・ルス氏(52)を迎えると発表した。

 ルス氏はスロベニア国籍の52歳。1997年にはJFLのブランメル仙台(現ベガルタ仙台)の監督も務めた。その後はスロベニアのアンダー代表の監督などを歴任。今年はスロベニア1部リーグのクラブで指揮を執っていた。
 
 クラブを通じ「17年ぶりに日本で再び仕事をする機会を頂き、横浜FCという素晴らしいクラブで監督ができることを非常に嬉しく思っています。横浜FCは今より更に良いクラブになれると信じていますし、クラブは高い目標を持っており、私はその目標に到達するために自分の知識を最大限に生かし、情熱を持って横浜FCの目標達成のためにベストを尽くします」とコメントしている。

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング