[選手権]草津東が3発!!粘りの守備みせた遠野下し、初戦突破

ゲキサカ / 2014年12月31日 17時37分

[選手権]草津東が3発!!粘りの守備みせた遠野下し、初戦突破

[12.31 全国高校選手権1回戦 遠野高 1-3 草津東高 ギオンス]

 第93回全国高校サッカー選手権1回戦が31日に各地で行われた。神奈川・相模原ギオンスタジアムでは、遠野高(岩手)と草津東高(滋賀)が対戦。先制後に一度は追いつかれた草津東だったが、後半の2発で突き放し、3-1で勝利した。2日に行われる2回戦では東福岡高(福岡)と対戦する。

 この日の試合、草津東は「ギオンスタジアムは午後になるにつれて風が強くなる」という情報があったのだという。それ故、雨森康監督は可能ならば、前半に風下を取るように選手へ指示。その言葉通り、草津東は風下に立って試合を迎えた。

 立ち上がり、両校共に初戦の硬さからか思うように攻めることはできない。シュートまで持ち込めずに前半10分が過ぎた。それでも先にシュートを打ったのは、風上に立つ遠野高だった。前半10分、GK菊池至(3年)からのロングボールが風に乗って前線へ。FW須藤和輝(2年)が頭で狙うも、飛び出してきたGK吉川翔大(2年)に阻まれた。

 対する草津東高も背番号10のMF山本悠樹(2年)を中心に反撃へ出る。ピンチの直後にチャンスメイク。前半11分、中央からドリブルで持ち込んだ山本悠が絶妙なキープから前線へスルーパス。PA内右へ抜け出たFW太田隆平(3年)のシュートはポスト左へわずかに外れた。

 流れをつかんだ草津東が前半12分に先制に成功。敵陣中央で受けた山本悠が左サイドへ展開。これを受けたMF田中悠介(2年)が中央へ折り返すと、ゴール正面の太田がスルー。ファーサイドへ詰めていたMF北川卓(2年)が冷静に右足でシュートを決めた。1-0とリードを奪った。

 先制点を奪った草津東は勢いづく。前半19分には山本悠の右CKからDF中村海翔(3年)が打点の高いヘディングシュート。これはDFに阻まれる。前線からMF山本翔太(3年)がボールを追い、相手守備陣へプレッシャーをかけた。同25分には右サイドから中央へドリブルで持ち込んだ中村健人(3年)がシュートを狙うもGKに止められた。押し込みながらも、セカンドボールを相手に拾われ、あと一歩攻めきることができない。

 すると直後の前半26分、耐えていた遠野がカウンターからチャンスを迎える。風に乗ったボールが前線へ流れると、MF岩渕弘人(2年)の浮き球パスから、最後はゴール前の須藤がヘディングシュートを決めた。遠野が1-1に追いついた。その後は両者得点は生まれずに前半を折り返す。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング