[選手権]優勝経験校が激突した1回戦は、山梨学院に軍配!

ゲキサカ / 2014年12月31日 18時56分

[選手権]優勝経験校が激突した1回戦は、山梨学院に軍配!

[12.31 全国高校選手権1回戦 山梨学院高 1-0 滝川二高 味フィ西]

 緒戦から優勝経験校同士のカードが実現した――。31日に行われた第93回全国高校サッカー選手権1回戦、5年前の王者・山梨学院高(山梨)と4年前の王者・滝川二高(兵庫)による一戦は、後半にFW原拓人(3年)が成功させたPKが唯一の得点となり、1-0で山梨学院が2回戦進出を決めた。

「PK戦まで覚悟」していたという両指揮官。過度のプレッシャーがかかる選手権初戦ということに加え、両チームの攻撃の核が不在だという事態がそうさせた。山梨学院はJ2岐阜入りが内定しているMF小川雄大(3年)が打撲で負傷欠場し、滝川二はFW松山大成(3年)が骨折で大会中での復帰は絶望的な状況で試合は幕を開けた。

 序盤は前線へ素早く当てる展開。山梨学院は188cmの長身、原をターゲットに、落としたボールをスピードのあるFW宇佐美佑樹(3年)、MF伊藤大祐(3年)、MF福森勇太(3年)が狙う。対する滝川二は2トップのFW筒井要(3年)、FW高尾健太(3年)へ。しかし、ともにパスの精度を欠き、山梨学院はDF渡辺剛(3年)とDF大野佑哉(3年)、滝川二はDF鎌田晃企(3年)とDF高原昂兵(3年)がゴール前で落ち着いて対応しながら時計の針は進んでいく。

 最初の決定機は山梨学院。敵陣でマイボールにした伊藤が右サイド深い位置からクロスを入れると、中央で原がヘディングで合わせる。しかし、フリーで放ったシュートは、クロスバーを越えてしまった。ボールが落ち着いてきた滝川二は、司令塔のボランチ、MF千葉涼介(3年)にボールを集める。個人技に優れた左SHのMF持井響太(1年)と、左SBのDF稲積大介(2年)との関係で左サイドからPA内へと侵入するも、シュートまでは結びつけることができない。

 後半立ち上がりに押し込まれた滝川二は、6分にFW八木脩斗(3年)を入れて高尾と2トップを組ませると、縦への推進力が高まり流れを引き寄せる。前後半ともに相手を上回るシュートを放ちながらも、ゴールは遠い。

 対する山梨学院は26分、鋭い突破を見せていた宇佐美に代えて、「仕掛けやフィニッシュを期待して」(吉永一明監督)FW池添勘太郎(3年)を投入。すると、この采配がズバリ的中する。投入から1分後に池添がPA内で倒されてPKを獲得。これを原がゴール左隅に流し込み、ついに均衡が破れる。

「0-0でいいと思っていた」という栫裕保監督のプランが崩れたラスト10分、4人の交代枠を使い切り、ボランチの千葉とCBの高原も前線に上げてゴールを奪いにいくが、スコアは動くことなくタイムアップ。「もう1試合やるための位置づけとしてはよかった。ここでできなかったことをトライする」。吉永監督は岐阜工高(岐阜)との2回戦へと速くも標準を合わせていた。

(写真協力『高校サッカー年鑑』)

(取材・文 奥山典幸)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング