ロシア、カペッロ監督との契約解除を発表

ゲキサカ / 2015年7月14日 19時12分

ロシア、カペッロ監督との契約解除を発表

 ロシアサッカー連合は14日、ロシア代表のファビオ・カペッロ監督と、双方合意の上で契約を解除したと発表した。

 2012年7月に就任したカペッロ監督は、ロシア代表を昨年のブラジルW杯出場に導いたが、未勝利でグループリーグ敗退。EURO予選では6試合を終えて首位オーストリアに8ポイント差、2位スウェーデンに4ポイント差をつけられ、プレーオフなしで本大会へ進める2位以内は厳しい状況となっていた。

 なお、後任についてはMF本田圭佑の古巣でもあるCSKAモスクワのレオニード・スルツキー監督の名前が挙がっている。
●EURO2016予選特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング