[関西U-16~Groeien~2015]1点勝負の好ゲーム、四日市中央工が初芝橋本破る!

ゲキサカ / 2015年8月27日 23時13分

[関西U-16~Groeien~2015]1点勝負の好ゲーム、四日市中央工が初芝橋本破る!

[8.27 関西U-16~Groeien~2015第8節 初芝橋本高 0-1 四日市中央工高 伊勢ヴィレッジA]

 関西地域の強豪10校の1年生たちが長期にわたるリーグ戦を通して成長を目指す「関西U-16~Groeien(育てる)~2015」は27日、伊勢フットボールヴィレッジで第8節を行い、4位の地元・四日市中央工高(三重)と9位・初芝橋本高(和歌山)との一戦は1-0で四日市中央工が勝った。

 勝負は1点で決したが、互いに形のいい攻撃からシュートシーンをつくり合う好ゲームだった。前半、初芝橋本はサイドのオープンスペースを活用した攻撃。6分には「(自信があるのは)スピード、ジャンプ。初橋だったら3つ上の末吉塁選手(日本高校選抜、現大阪体育大)とかそういうスピード選手なんで足下つけていきたい」という運動能力優れたFW細川琢未が右サイドへ抜け出してグラウンダーのクロスを入れる。決定的な形でMF樋口光希が飛び込むが、シュートは枠の上へ外れた。

 一方、MF渡邉潤之介を起点に縦パスを入れ、アイディアある動きを見せるFW長谷川翔大やキープ力の高いFW亀田哲汰らのコンビネーションから相手の背後を狙う四日市中央工は17分にDFと入れ替わった長谷川が独走するが、右足シュートは懸命に戻ったCB上原真尋がブロック。また思い切った仕掛けを見せる左MF今村一貴の右足シュートや右MF{西浦大輔}}のクロスなどで攻めるが、初芝橋本も出足良い潰しを見せていたCB山本豊や右SB高見祐哉のカバーリングなど得点を許さずに試合を進めて行った。

 だが、初芝橋本もMF甲斐創太の配球から細川、FW嘉島力貴が鋭くゴールを狙うが、CB東憲也とCB鈴木太郎中心に集中力高い四日市中央工の守備の前に阻まれ、ビッグチャンスをつくるまでには至らない。互いに好守からアタックを繰り返し、隙あればシュートまで持ち込もうとしていた両チームの戦いは前半41分、四日市中央工がスコアを動かした。ゴール前の混戦から亀田が繋ぐと、最後は左中間から長谷川が右足で先制ゴール。1-0で前半を折り返す。

 後半も拮抗したまま続いた試合は終盤、初芝橋本が流れを引き寄せる。だが今村が「相手は後半、SHにつけてSBがオーバーラップとかして数的優位をつくってくるのでそこのケアをしっかりしようと思いました。きょうは苦しい時間帯でも失点せずにDFラインがしっかりと跳ね返せていたので良かったと思います」と振り返った四日市中央工は、最後まで得点を許さず。1-0で勝ち、3位へ浮上した。

 県外の強豪と対戦する「関西U-16~Groeien(育てる)~2015」は戦友と再会する場にもなっている。初芝橋本の細川は三重県名張市出身。四日市中央工との対戦を終え、「知り合いも結構いてやりやすかった。(四日市中央工は)しっかり寄せもしてきて、スペースを消してきた。ボクからするとやり辛かった」と振り返る。「最初とかに比べると自分のやりたいプレーが分かったし、とてもいい経験になりました。チームも成長したと思います」という「関西U-16~Groeien(育てる)~2015」は28日の最終節を残すだけだが、「内容よりも結果を取りに行って、勝ち点3取ってこのグロイエンを終えたい」と誓った。

 一方、1年生Bチームから昇格して久々のAチームの試合だったという四日市中央工の今村は「いつも外から見ていたんでいつか自分が出てみたいなと思っていました」という「関西U-16~Groeien(育てる)~2015」で奮闘。1年生同士の真剣勝負で勝利に貢献したMFは優勝の可能性をわずかに残して臨む最終節・神戸弘陵高戦へ向けて「必ず勝ち切って。優勝への望みもまだあるのでそこに繋げられるようにしたいです」と意気込んだ。

[写真]四日市中央工は長谷川の決勝点によって1-0で勝利

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
関西U-16~Groeien(育てる)~2015特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング