久保建英がトップチーム初ゴール!!ルヴァン杯最年少得点記録も更新

ゲキサカ / 2018年3月15日 0時38分

FW久保建英がルヴァン杯最年少ゴール

[3.14 ルヴァン杯グループA第2節 FC東京-新潟 味スタ]

 ルヴァン杯は14日、グループステージ第2節を行い、FC東京はホームでアルビレックス新潟と対戦した。後半25分から途中出場したFW久保建英は右サイドハーフでプレー。後半31分、FWディエゴ・オリヴェイラが落としたボールをドリブルでPA内左に切れ込み、左足でゴール右隅に突き刺した。

 昨季、FC東京U-23の一員としてJ3で2得点を決めていた久保だが、トップチームでは初ゴール。16歳9か月10日での得点は、2005年3月19日にFW森本貴幸(当時東京V)が16歳10か月12日で記録した大会最年少ゴールを抜いてルヴァン杯史上最年少得点記録となった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング