最下位から逆転突破!! J2長崎がプレーオフステージへ…横浜FMは李忠成が痛恨PK失敗

ゲキサカ / 2019年5月22日 21時24分

先制点を挙げた吉岡雅和

[5.22 ルヴァン杯GL第6節 長崎3-1横浜FM トラスタ]

 ルヴァン杯は22日、グループリーグ第6節を行った。A組のV・ファーレン長崎はホームで横浜F・マリノスと対戦し、3-1で勝利。グループ最下位から2位に順位を上げ、プレーオフステージ進出を決めた。

 混戦のA組は札幌と横浜FMが勝ち点8、湘南が勝ち点6、長崎が勝ち点5という状況。勝てば他会場に関係なく突破が決まる横浜FMは前半6分、右サイドを抜け出したMF三好康児が鋭いグラウンダーのクロスを入れると、フリーでゴール前に飛び込んだFW李忠成が左足で丁寧に合わせる。しかし、決定機だったが惜しくもゴール左に外した。

 すると、長崎が先手を取る。前半7分、センターサークル右あたりでFKを獲得した長崎は、FWイ・ジョンホがクイックリスタート。前線に大きく蹴り出すと、PA左でこれを受けたMF吉岡雅和が落ち着いて左足シュートを右サイドネットに沈め、スコアを1-0とした。

 J2長崎に先手を許した横浜FMは、前半29分にアクシデント発生。治療を終えてピッチに戻ったDFドゥシャンだったが、プレー続行不可能となり、DF栗原勇蔵との交代を余儀なくされた。対する長崎は43分、MF島田譲の右CKからFW長谷川悠が打点の高いヘディングシュート。しかし、わずかにゴール左に逸れた。

 前半を1点リードで終えた長崎は、後半開始からFW長谷川悠が積極的にプレッシングを披露。横浜FMを苦しめると、15分に待望の追加点が生まれる。素早いリスタートから吉岡がPA右に抜け出し、左足でクロスを供給。相手DFの前に飛び込んだ長谷川がヘディングシュートを叩き込み、2-0とリードを広げた。

 長崎に押され気味の横浜FM。後半27分、PA左手前でFKを獲得すると、背番号10の名手MF天野純が左足を振り抜く。これが壁を越えてゴール左隅に突き刺さり、反撃の狼煙を上げる。34分には、天野の左CKからDF畠中槙之輔が打点の高いヘディングシュートを放つ。しかし、これは右ポストを叩き、畠中は天を仰いだ。

 横浜FMは後半アディショナルタイム1分にPKを獲得。李忠成がキッカーを務めたが、GK富澤雅也のファインセーブに阻まれ、同点のチャンスを逃す。すると、アディショナルタイム3分に途中出場のMF大本祐槻がダメ押しのゴールを叩き込み、長崎が3-1で勝利。勝ち点8で横浜FMと並んだが、当該チーム同士の対戦結果(1勝1分)で上回り、最下位から一気に逆転突破を決めた。なお、プレーオフステージは第1戦が6月19日、第2戦が同26日に行われる。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[ルヴァン杯]GL第6節 スコア速報
●ルヴァン杯2019特設ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング