1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

シーズンを通して引き分け、敗戦の後は必ず勝利。最終節でも強さを示した青森山田がプレミアEAST制覇!

ゲキサカ / 2023年12月3日 21時7分

青森山田高が2年ぶりにプレミアリーグEAST優勝

[12.3 高円宮杯プレミアリーグEAST第22節 FC東京U-18 0-2 青森山田高 東京ガス武蔵野苑多目的G]

 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2023 EASTは3日、最終節を行い、青森山田高(青森)が2年ぶり4回目の優勝を果たした。勝てば優勝の決まる首位・青森山田は、アウェーでFC東京U-18(東京)と対戦し、2-0で勝利。12月10日のプレミアリーグファイナル(埼玉)で“U-18年代の真の日本一”を懸けて広島ユース(広島)と戦う。

「優勝チームの強さ」を最終節で示した。青森山田は前節まで15勝3分3敗の成績。だが、引き分け、敗戦の次の試合では必ず勝利してきた。正木昌宣監督は「実は連敗とか連続で引き分けたとかなくて、『優勝するチームは連続で失敗は絶対にダメだよ』と言い続けていた」という。青森山田は一週間前、勝てば優勝だった昌平高(埼玉)戦でドロー。だが、今シーズン続けてきた「連続で失敗しない」ことを最終節で再び表現し、優勝を決めた。

 対戦したFC東京U-18は、U-17ワールドカップで抜群の動きを見せたU-17日本代表の10番MF佐藤龍之介(2年)やU-17日本代表MF永野修都(2年)、トップ昇格のU-19日本代表GK小林将天(3年)らが先発。彼らにとってもシーズン最終戦で特別な試合だった。

 小林が「(優勝のかかる青森山田がフルパワーで来るのは分かっていたが、)自分たちは同じ、それ以上のテンションでいけないといけない中で、自分たちの中で士気を上げていったのはありますね」と説明したように、試合前から集中力高く準備していたFC東京U-18が勢い良く試合に入る。

 佐藤や右SB金子俊輔(2年)が立ち上がりから鋭く前へ出る動き。右サイドを突破した金子のクロスをU-17日本代表FW山口太陽(2年)が折り返し、佐藤がフィニッシュするシーンもあった。

 立ち上がりはボールを保持された青森山田だが、連動したプレッシングで押し返し、左SB 小沼蒼珠(2年)の力強いインターセプトからFW米谷壮史(3年)が左足シュートを放つなど相手ゴールへ迫る。そして15分、青森山田は小沼の右ロングスローを190cmCB小泉佳絃(3年)が頭でそらす。米谷が狙ったこぼれをMF福島健太(3年)が右足でゴールへ蹴り込んだ。

 青森山田のトップ下として先発を続けた福島が、最終節でリーグ戦初ゴール。フィールドの先発メンバーで唯一得点のなかったMFが、大一番で大きな1点をもたらした。この後も青森山田攻勢の時間が続く。「春先よりも良くなっている」(正木監督)という前からの守備で相手に前進することを許さず、敵陣でCB山本が頭から飛び込んでクリアするシーンも。高い位置でボールを奪って速攻へ持ち込んだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください