1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

【変えてよかった】お部屋の模様替え「収納アイディア」実例集

GISELe / 2021年7月10日 20時0分

「服好きのクローゼット」

おしゃれに見せるだけでなく、実用性を兼ね備えた収納の工夫。アパレルのプレスやディレクターなど、お気に入りの服やコスメを多く持つ人の気になる収納事情をリサーチ。眺めているだけでも楽しくなる、部屋全体もすっきり見えてより心地よく過ごせるお部屋づくりのアイディアをご紹介。
(※取材した方々のプロフィールは記事末にあります)

☑デニムこそハンギングで一目瞭然に

色みが似ているデニムもハンガーにかけておけば、すその形やステッチの色で判別しやすい。ラック下に並べたバッグや靴をポイントにしたかったので、上はデニムと黒っぽい服にしぼってシンプルにまとめています。(chiakiさん)

☑【ジーンズ洗濯の正解】色落ちや縮みなどの防ぎ方を徹底解説!


□書類ボックスでしっかり分別



(上・中央)小物やシーズンオフの服は、「Fellows」のバンカーズボックスに収納。もともとシカゴ銀行の書類入れとして開発されたもので箱が頑丈。ぎゅっとつめ込んでも安心。(下)どこに何があるのか一目でわかるように、服は基本的に、中が見える棚でタイプ別に分類。(SUMYさん)


☐IKEAのバケツにデニムをIN

白いバケツとブルーデニムのコントラストが気に入っている、お部屋の一角。彼と一緒に住んでいるので、見えるところがなるべくかわいくなりすぎないように注意して、「見せる収納」を楽しんでいます。(鈴木早紀さん)

☐ブランド別に並べて統一感を

「シューズクローゼットの中も、できる限りアイテムや色別に並べて選びやすくしています。とくにスニーカーは、ブランド別に分けてまとまりを出すのがこだわりです」(稲葉真理恵さん)


☐ひと目で分かるクリアケース

ポーチに入りきらない化粧品は、無印良品のアクリルケースやヴィンテージグラスの「透明」なものに入れて収納。ごちゃごちゃひっかきまわさずとも一目でどこにあるか把握できるので、キレイな状態を維持しやすい。(曽根 加南子さん)


☐アクセサリーはあえて洗面所に

メイクをしながら、その日つけるアクセを決めたいので、洗面所に保管しています。支度をしているすぐとなりにあるので、手にとりやすくて慌ただしい朝も効率的! トレーやクリアBOXを活用し、すっきり見えを意識。(黒石奈央子さん)


☑見やすいアレンジ・アガるディスプレイ・+αのアイテムetc...23のアイディアを総まとめ!
▶【変えてよかった】お部屋の模様替え「収納アイディア」23の実例集

【取材した方々】
chiakiさん(インスタグラマー)@122610c
鈴木早紀さん(SHIPSプレス)@07_suu
黒石奈央子さん(Ameri vintage CEO/ディレクター)@blackstone705
山野邉彩美(TOMORROWLAND バイヤー)@129nb
稲葉真理恵さん(OVERLAO CLOTHING)@overlap.clothing
Rumiさん(ヘアスタイリスト)@ru0711
SUMYさん(フリーランス)@iamsumy
船曳ひろみさん(TODAYFUL デザイナー)@piii1203
藤井 明子さん(フリーランス)@fujiko0207
akaneさん(整理収納アドバイザー) @a.organize
曽根 加南子さん(フリーランスPR)@sonekana
JUNNAさん(エトレトウキョウ クリエイティブディレクター)@JUNNA
出口奈津子さん(スタイリスト)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング