【ミャンマー】子どもたちの未来のために、学校教育支援(7)

Global News Asia / 2016年1月29日 10時0分

カンバーニ準中学校の子どもたちとTOOTH FAIRY歯科医師ボランティア。

 2016年1月29日、日本の歯医者さんがシャン州にやってきた(1)

 人生初の歯科健診にガチガチに固まる子どもたち。その緊張を、身振り手振りと覚えたてのミャンマー語でほぐそうとする日本の歯医者さんたち。2016年1月シャン州インレー湖地域の学校では、日本人歯科医師による歯科健診ボランティア活動が行われた。彼らは、機中泊を含む4泊5日の「TOOTH FAIRYミャンマーボランティアツアー」の参加者だ。宮城、千葉、静岡、大阪、兵庫、宮崎、長崎から、多忙な勤務をやりくりして駆けつけた歯医者さん12人によるシャン州での活動を紹介したい。

 日本歯科医師会と日本財団が2009年6月から実施している「TOOTH FAIRYプロジェクト」は、歯科治療で不要になった金属をリサイクルして得た資金で、国内外の子どもたちを支援している。2016年1月現在で、参加歯科医院総数6,127医院、3トン近く回収した貴金属の換金金額は累計9.7億円を突破。このTOOTH FAIRYの基金で、これまでにシャン州に10校、エーヤワディー地域に8校の学校が建設された。日本財団は歯科医師に、このTOOTH FAIRYで支援した学校の子どもたちに対する歯科ボランティアを呼びかけ、2013年から毎年ツアーを開催している。

 1月21日。シャン州ヘーホー空港に降り立った一行は、バスで西に2時間。最初のボランティア活動をするカンバーニ村に向かった。410世帯1,700人が暮らすカンバーニ村への歯科ボランティア訪問は、今回で2回目。一行が到着すると、村をあげての歓迎式典が開催された。昨年も同校を訪れた伊藤雅夫先生は、子どもの歯科・矯正・噛み合わせの専門48年という大ベテランで、「きれいな歯でしっかりかめるということは、毎日元気に働けるということです。私も歯を大事にしています。だから今も元気な72歳の”お兄さんです”」と挨拶。会場に集まった村の住民や子どもたちを和ませた。

 式典の後は、いよいよ歯科検診だ。校庭に教室の机と椅子を置いて、「青空歯科クリニック」が開設された。歯科医師は、健診担当、記録用健診フォーム記入担当、歯の状態チェックシート記入担当と3人1組でチームを組み、各担当をローテーションさせながら、小学生から中学生まで全校生徒288人の歯科健診を行った。子どもたちには、「磨けているけど、左の奥が虫歯になりかけているから注意してね」、「歯ブラシは優しく丁寧にね」などのアドバイスとともに、歯の状態チェックシートと新しい歯ブラシが手渡された。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Global News Asia

トピックスRSS

ランキング