「おばちゃん」は、町内会婦人部長すらも勤められないだろう! 存在感は、キツイ顔だけ

Global News Asia / 2020年10月22日 6時0分

北朝鮮の国旗

 2020年10月、先日東京で、日米豪印外相会談が行われた。議題は、中国牽制と北朝鮮の核問題。しかし、ここに、核心当事者である韓国の外相は呼ばれなかった。

 なぜか。韓国青瓦台外交部長官は、ご存知の通り、GSOMIA破棄でおなじみの、強面の「おばちゃん」だ。表情同様頑なに、北朝鮮をかばっている。いやかばっているのは青瓦台そのものであり、おばちゃんの存在感は、そこにない。中国とは韓国の軍事主権を自ら制限する「3不原則」を合意した。北朝鮮が非武装の韓国国民を射殺して燃やしたことに関しても、おばちゃんは、国連に対して問題提起すらしていない。

 おばちゃんが就任して3年半。北朝鮮の核廃棄は「死語」になった。日本との関係も、日々悪化している。

 おばちゃんの元々の仕事は、国連人権高等弁務官室副弁務官だ。いわば、「人権の専門家」だ。しかし、韓国の人権問題について、なにかしたということすらない。中国との関係についてアメリカが要請しても「あまりよくない考えです」と即否定する。アメリカからの信頼は当然0だ。と言っても、中国からの信頼も0だ。

 地位だけの長官。実権はないが大統領のいいなり。いくら世界的に男女参画社会になっているといっても男社会はどの国も変わりはない。その中で外交部長官まで成り上がったのだから、女性のリーダーとして世界的…実質あの表情では無理か。なら、韓国の女性たちが憧れるような仕事をバリバリこなしている長官になって欲しいものである。

 実名と顔が一致せず、GSOMIA破棄のおばちゃんで=になるしかやっていない。

 能力と所信を備えた人材ならば、彼女より優れた女性がもっといるのではないか。いや、そうすると、文在寅大統領の男の嫉妬心に火をつけることになるのか。国際的会議にぜひともと呼ばれるようなおばちゃんに変わること。彼女には、無理難題なのだろう。
【編集 : fa】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング