「どうも!電卓はカシオ派!タニタ公式です!」“TANITA公式Twitter 中の人”日記【20】

&GP / 2019年10月20日 20時0分

写真

「どうも!電卓はカシオ派!タニタ公式です!」“TANITA公式Twitter 中の人”日記【20】

この度の「台風19号」の被害を受けられた皆様に謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

株式会社タニタの公式Twitter担当です。日頃投稿しているツイートの裏側などを日記形式でゆるめに書かせていただいております。

ついに連載20回目となりました。若干記事内容がこなれてきた気がするのは私だけでしょうか(笑)。引き続きよろしくお願いいたします。

10月から増税になり、みなさんの生活も少し変わったのではないでしょうか。私は仕事上よく電卓を使用するのですが、ついに税率を変更するというレア作業をしたことで時代の変化を感じた次第です。

ちなみに私が使用している電卓は10年ほど愛用しており、ついにこのたび廃番になってしまったということで非常に残念に思っています。サイズや本体の重さ、質感のバランスが最高なので、ぜひ復刻してもらえると嬉しいです。カシオさん何卒よろしくお願いいたします(__)。

 

■2019年10月4日「タニタ式ラジオ」

▼ラジオ番組を今後配信するかも?

自分でラジオ配信ができる「ラジオトーク」というサービスがあると聞き、アカウントを作ってみました。最低1回は配信しないとアプリ内検索にも出てこないらしく、近々やってみたいなと考えていますのでその時はぜひチェックしてみてください。

だいぶ意気込んでいるように見えますが、「個人的に配信していました」とか「学生の頃ラジオっ子で深夜に欠かさず聴いていました」とかでは全然ないです。というかほとんどラジオは初心者です(笑)。

でも実は前々からラジオには興味はあって、ラジオとTwitterって似た要素が多いなと感じていたんですよね。勝手なイメージですが「ゆるさ」とか(勝手にゆるいとか言ってごめんなさい)、トークのアドリブやはがき投稿のコーナーなどのネタコンテンツなんてTwitterの世界と似ている気がします。テキストから音声に情報が変わるとどんなことができるのか、何が起こるのかというのを経験できたらなと思っています。

なんだか色々ハードルを上げますが、自由気ままなやり方で取り組めたらいいなと思いますのでよろしくどうぞ。

 

■2019年10月8日「健康について考えてみた」

▼誰得情報をツイートするタニタ公式

まずは水嶋ヒロさんのファンの皆様にお詫び申し上げます。

この情報から私が何歳かわかるのですが、今年で35歳になりました。そろそろおっさんにクラスチェンジする年代だし、片脚の膝上くらいまで入っている感じですよね。毎日「どうしたら時間を遅く感じられるか」なんてヤバいことを考えていたりもします。

同年代や上の年代の方は実感されていると思いますが、年を取ると体力も落ちてきて疲れがなかなか取れなくなってきます。そうなると体調を崩して病気になりやすくもなります。

私はフリーランスなので、病気などで働けなくなった場合、自己責任で何とかしなければなりません。そのため、日ごろからコンディショニングを意識して生活をしています。定期的に運動したり、リラクゼーションをしたりして、ストレスを溜めず、リカバリーにも専念します。

フリーランスに限らずどんな人も体が資本だと思うので、コンディショニングを仕事の一部だと思ってみるのも良いかと思います。日々忙しくなると生活習慣について考えることをおろそかにしてしまうので、義務感を持って取り組んでみるとか。健全な肉体には健全な精神が、そして健全な仕事や人生が宿るのではないでしょうか。

あと、ネガティブな話ばかりで申し訳ないのですが、年を取ると確実に頭の回転も悪くなると思っているので、いかに脳の退化を食い止めるかも裏テーマとしてあります。生涯現役を目指します(白目)。

 

■2019年10月9日「タニタサイズ」

▼タニタの運動ツール「タニタサイズ」シリーズ

このエキスパンダーは運動ツール「タニタサイズ」シリーズとして販売されています。タニタって実はこんな商品もあるんです。

タニタサイズとは、タニタが考える「いつもの生活に取り込みながら、無理なく」がコンセプトの運動ツール。タニタ社員は、朝のラジオ体操に加えてこのエキスパンダーを使用したエクササイズも実施しています。

数年販売しているのですが、最近パッケージが新しくなりました。実物を見たところキャッチコピーに「タニタ社員の80%が心身の変化を実感」と書いてあり、「タニタ社員って身内やん!しかも残りの20%はどうした!?」とついついツッコミを入れてしまったので完全に私の負けです。この商品の企画者がユニークな人なのでちょっとした面白い要素を入れたのかもしれないです。真意は不明ですが(笑)。

エクササイズも効果的ですが、普段なかなか運動する時間が取れない人はラジオ体操からはじめてみるのはいかがでしょうか。肩回りもほぐれますので、だまされたと思ってやってみてください。小さなことからコツコツ健康になりましょう。きれいにまとまりました。

>> タニタ「タニタサイズ」

 

■2014年10月25日「懐かしいツイートシリーズ10 暴走」

▼あの頃私は若かった

今回の「懐かしいツイートシリーズ」は2014年10月25日のツイート。

自分で見ても「何言ってんだコイツ」と思ってしまう内容ですが、少し掘り下げてみましょう。

月末の風物詩になっているタニタ公式の通信制限ネタですが5年前からこんな感じだったんですね、今知りました。「ツイッター担当たるもの者、通信制限を受けてからが本番だ」と思っていた時の初々しいツイートですね。

冗談はさておいて、この「懐かしいツイートシリーズ」、もう少し分析していくコーナーにしたいと思います(直近のツイートだと客観的に見るのがちょっと恥ずかしい)。このツイートからの教訓は、ズバリ「なんとか差別化すること」と「与えられた状況を最大限生かす」この2点があります。

ネガティブをポジティブに変えるわけです。普通は「通信制限を超える→ネットができなくなる→ダメな奴、ネットパフォーマンスが落ちる」と考えがちです。そうではなく、「通信制限を超える→通信制限されるぐらいTwitterやってる→プロっぽい!と思われる」みたいな(笑)。まさに上の文章で書いていた冗談みたいなことを結構真剣に考えていました。

この例は少し極端かもしれませんが、良い方向に転ぶときの思考って何度も試すうちに精度が上がってくるので、意図して行動をするというのは大事だと思います。世の中わからないことだらけなので、上手くいくかどうか一つひとつ確認していく作業をしていきましょう。

 

>> [連載]“TANITA公式Twitter 中の人”日記

(文/TANITA公式Twitter(@TANITAofficial) 中の人)

 

 

健康をはかる株式会社タニタの公式Twitterアカウントの「中の人」です。目盛りの向こう側を目指します。2011年1月からTwitterを担当中。

>> タニタ

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング