1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

スポーティなデザインとたしかな機能性!シチズン アテッサ×日産フェアレディ Z

&GP / 2022年1月20日 8時0分

写真

スポーティなデザインとたしかな機能性!シチズン アテッサ×日産フェアレディ Z

日本を代表するスポーツカーのひとつに数えられる日産自動車の「フェアレディZ」。1969年の初代登場から50年以上が経過し、また計6回にも及ぶモデルチェンジが行われながら、その人気は未だに衰え知らず。日本国内だけでなく、世界中のモーターファンから愛されている名車です。

今年がブランド誕生35周年となるシチズンの腕時計「CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)」より、そのメモリアルイヤーを飾る注目の限定モデル「フェアレディZ」とのコラボウォッチ「NISSAN FAIRLADY Z コラボレーションモデル」(16万5000円)が登場。1月15日より予約受付が始まっており、3月10日に発売がスタートします。

カラーは「フェアレディZ」の“イカズチイエロー”をイメージした、イエローの差し色を使った「AT8185-89E」と、今年6月に登場予定の7代目フェアレディZにも採用されている新たなボディカラー“セイランブルー”をイメージした差し色が印象的な「AT8185-97E」の2種類で展開。

「AT8185-89E」はケース、バンド、文字盤、時分針、インデックスの全てをブラックで統一。文字板には特別仕様車のシートにも取り入れられているドットデザインを採用しています。

「AT8185-97E」はハイウェイ路面のアスファルトをイメージしたマットな砂地ブラックの文字板に、時分針(夜光仕様)とインデックスにはシルバーを配色。

両モデル共通で、ブラックの文字板に映える赤い秒針、3時の位置とりゅうずに「FAIRLADY Z」のロゴ、裏蓋に「NISSAN」の文字をそれぞれ配置し、ウォッチフェイス内の各数字は「FARELADY Z」のインストルメントパネル用フォントを用いるなど、コラボモデルならではのこだわりを感じさせるデザインを随所に確認できます。

時計本体はエコ・ドライブ電波時計を搭載。りゅうずを回すだけで世界26都市の時刻を表示し、時刻合わせ、カレンダー合わせは不要。光発電によりバッテリー切れの心配もありません。

ケースサイズは42mm径×厚さ10.8mm、風防はクラリティ・コーティングを施したサファイアガラスで、10気圧防水とJIS1種耐磁を備えています。ケース素材とバンドはスーパーチタニウム製(デュラテクトDLCコーティング)。またバンドはwena3替えバンドに対応します。

世界限定で各1700本販売と、希少性も併せ持った「シチズン アテッサ」のフェアレディZコラボモデル。正確な時の刻みとスポーティなデザインは、ビジネスパーソンの左腕を飾るに相応しい魅惑の一本となりそうです。

>> シチズン「NISSAN FAIRLADY Z コラボレーションモデル」

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆月、日、曜日に月の満ち欠けまで分かる「シチズン アテッサ」新モデル
◆スマホの磁力の影響を防ぐ“第2種耐磁”を備えた「シチズン シリーズエイト」
◆驚異の精度“年差±1秒”!⼟佐和紙ダイヤルを用いた「ザ・シチズン」限定モデル

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください