【日本麺紀行】岩手県が誇るラーメンチェーン「柳家」で元祖キムチ納豆ラーメンを味わう

GOTRIP! / 2019年3月14日 6時30分

日本人だけでなく世界でも認められているグルメの1つと言えばラーメン。

日本全国には数えきれないほどのラーメン店があり、もちろん知られざる名店がキラ星のごとく存在している。

例えば、西日本でいえば広島市民を魅了し続ける「陽気」、岡山市民を魅了し続ける「天神そば」、山口県周南市民が愛するスター系ラーメンの「第三スター」や岩国市民に愛され続ける「寿栄広食堂」 などが存在している。

甲信越地方では新潟県長岡市民が足しげく通う「青島食堂」や長野県松本市民が愛するイラン人が作る絶品ラーメン、「ラーメン藤」に、あの田中要次さんも愛すると言う長野県木曽町の「あすなろ」のチャーシューメンなどが挙げられる。

東海地方では、いまや全国区となった名古屋名物の「台湾ラーメン」を初め、一宮市民を魅了しつづける「ベトコンラーメン」に、知られざる岐阜県多治見市の「台南ラーメン」などが挙げられる。

もちろん北の大地・北海道にも、北海道ラーメンランキングで1位を独占し続ける味噌ラーメンのお店「彩未」や、あの北川景子さんを魅了したショウガラーメンの名店「信月」など、数え上げればきりがない。

首都圏でいえば、横浜市民が愛するソウルフード・サンマー麺の名店「玉泉亭」、に平塚市民が愛して止まない独自の平塚タンメン、日本で初めてミシュランの星を獲得したラーメンなど、もはや挙げていくことが困難なほど、さまざまな名店がひしめき合っているのだ。

そんな日本中にある美味しいラーメンの中から、今回は岩手県が誇るラーメンチェーン「柳家」をご紹介したい。

・岩手県が誇るラーメンチェーン「柳家」とは?
「柳家」は、1975年(昭和50年)に、盛岡市大通りのさわや書店3階にラーメン店として産まれたお店。

1975年(昭和50年)と言えば、山陽新幹線、岡山駅・博多駅間が開業し、第二次ベビーブームが日本に到来。あのコンビニチェーン、ローソンが設立され、日本初の家庭用テレビゲーム機「テレビテニス」が発売されるなど、日本が輝かしい繁栄の歴史を謳歌していた時代。

そんな時代に産まれたラーメン店は、そのウマさから、現在では岩手県と宮城県に合計12店舗を展開する岩手県が誇るラーメンチェーンへと成長しており、岩手において「柳家」のラーメンとは岩手のソウルフードの1つと言っても過言ではないほどなのだ。
IMG_7495

・「柳家」のラーメンといえば、元祖キムチ納豆ラーメン
そんな岩手県民を魅了し続けている「柳家」のラーメンの中で、代表的なメニューと言えば、元祖キムチ納豆ラーメンだ。

ラーメン丼の代わりに、いろり鍋で提供される元祖キムチ納豆ラーメンは、見た目にも鮮やかなラーメンである。
IMG_7499

スープは味噌と納豆をベースとしており、そこにキムチの酸味と辛みが組み合わせた、こちらのお店独自のスープ。

キムチのウマミと納豆のウマミと香ばしさが相まって、何とも言えない、ヤミツキになってしまう味わいなのだ。
IMG_7500

そんなヤミツキスープにあわせるのが、太目で食べ応えのあるコシのある麺。
IMG_7501

そしてシャキシャキのモヤシに豚バラ肉とコーンが具として入っており、ボリューム満点のラーメンを形成しているのだ。
IMG_7503

また自分の好きなタイミングで生卵をくずして一緒に味わえば、ヤミツキのスープに食べ応えのある麺、そして食感とウマミを感じられる具材を生卵が優しく包み込んでくれていることに気がつく。
IMG_7502

もし岩手県を訪れる事があるのであれば、こちらのお店で、オリジナルのヤミツキラーメンを味わってみてはいかがだろうか?

岩手県民が愛するボリューム満点のキムチ納豆ラーメンを味わえば、これまでもよりももっと、岩手県の事が好きになるに違いないのだ。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 柳家 本店
住所 岩手県盛岡市大通2-2-15 さわや書店3F
営業時間 10:30〜15:00
定休日 なし
お店の公式ホームページ http://www.ramen-yanagiya.com/index.html

IMG_7492

IMG_7493

IMG_7494

IMG_7496

IMG_7497

IMG_7504

IMG_7498

IMG_7499

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング