デンマーク・ヘルシンゲルには海を見つめて、まばたきをする「人魚姫の弟」が存在する

GOTRIP! / 2019年4月28日 6時30分

デンマークは、アンデルセン童話があるように「人魚姫」や「みにくいアヒルの子」など、多くの物語が生まれた国です。

そしてデンマークは世界の3大がっかりスポットとしても有名なコペンハーゲンの人魚姫が存在しています(他のがっかりスポットはシンガポールのマーライオン、ブリュッセルの小便小僧)。

そんなコペンハーゲンの人魚姫には、「弟」がいるのをご存知でしょうか?

人魚姫の弟は、コペンハーゲンから北に約30キロメートルのところにあるヘルシンゲルにいます。

悲しげに座る格好までお姉さんにそっくりの「弟」は2012年に設置されました。そして人魚姫の弟は海の泡になってしまったお姉さんを思うように海を見つめています。

光沢があることから、緩やかなさざなみが立つ海と陸側の観光客を映し出します。

忍耐強く彼を見つめると、海や人々の影などで彼がまばたきをしているように見えるようです。その様子は現地の芸術家たちの間でも話題となっているほどです。

人魚姫の弟の製作者は、エルムグリーン(デンマーク人)&ドラッグセット(ノルウェー人)の二人組芸術家。

彼らの作品は世界中に存在しており、有名な物を挙げるとアメリカ・ニューヨークのロックフェラー・センターにある「ゴッホの耳」やイギリス・ロンドンのトラファルガー・スクエアにある「パワーレス・スカルプチャー」などがあります。

ヘルシンゲルは、ユネスコ世界遺産に登録されており、シェイクスピアの「ハムレット」の舞台ともいわれているクロンボー城のある街。

シェラン島北東部に位置し、スウェーデンの都市ヘルシンボリとはエーレスンド海峡でわずか7キロメートルの場所にあります。

ヘルシンゲルのハムレットの舞台クロンボー城を訪れたのなら、人魚姫の弟にも会ってみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名称 「彼(HAN)」(Han Estatua)/Helsingør
所在地 Havnegade 9, 3000 Helsingør, Denmark (最寄駅:ヘルシンゲル駅(Helsingør Sation)
開放時間 24時間

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング